不登校対応の支援と相談

学校に行かない子供に、親は、どう対応すべきか?

親御さんからいただいた喜びの声(一部) Ⅳ

 

※トップページで紹介している「親御さんからいただいた喜びの声」の数が多くなりすぎてトップページが長くなってしまいましたので、今後はこちらのページにも掲載させていただきます。

 

「自分で起き、遅刻せず毎日登校しています。(中略)明日が今学年最後の授業、その後学年末テストを受ければ何とか進級出来そうです。」

 

「毎日自分のペースで勉強をし、学校に行き、遊んでおります。木村様のサポート、お母様方のメール報告のおかげだと感謝しております。この現在に傲ることなくまだまだ私が成長していかなくてはと感じております。」

 

「今、娘は学校に通えています。通えている事が当たり前と思うことのない様に、安心する事のない様に、傲慢にならない様に。(中略)新しい春の服、娘にも私自身にも買いました(^^)」

 

「この間から、高2の息子も4日間テスト受け高校に通っています。諦めずに行っています。なんとか進級出来そうです。感謝申し上げます。」

 

「昨日は、息子がベットに入り、「今日もいい一日だったなぁ~」と呟いて寝ました。そんな言葉を聞けた私は本当に幸せです。学校では楽しい事ばかりではないでしょうし、勉強も「面倒くさい」とよく言いますが、「いい一日だった」と思えた事がすごい事だと思います。こんな風に息子が思えるようになったのも木村先生のサポートのお陰です。ありがとうございます。」

 

「最近の息子は、「気持ち悪い」ということはなくなり、登校する時の様子も前向きになってますし、学校の行事にも前向きになってます。(中略)いつでも息子が弱音を吐き出せるよう、本音を話せる親でいれるよう、心がけたいです。」

 

「先日、模試の結果がでました。国語、数学、英語の三教科。結果は…とても良いものでした。」

 

「昨日は終業式 孫は5ケ月ぶりに集団登校をいたしました。先生友達に大歓迎されて、自分が予定した通り下校時間より1時間早く清々しい顔をして帰ってまいりました(^-^)ありがとうございます!」

 

「3週間ほど前のメール報告で、息子が元気になったことをご報告いたしました。その後、食事もさらに少しずつ増え、ますます元気になり、少しだけふっくらしたようにも思います。そして、何と、あのメールをお送りした直後に、突然学校に行きました。」

 

「娘は登校しました。(中略)3/13は登校できた。その行為を尊重しよう。娘を尊重しよう。(中略)いつも力を与えてくださってありがとうございます。」

 

「今朝はいつもより早起きし、制服に着替え、20分に家を出て送ってくださいと言い、私もわかったよと学校へ向かいました。(中略)長女は帰宅して寝転び休息タイムです。私もいまから横になって休息します。木村先生と、会員の皆さま、ありがとうございます。」

 

「娘は月曜から大会の為に泊まりで出かけています。(中略)娘はクラブにバイトと忙しく過ごしています。嫌だと言いながらもなんだかんだと楽しんでいます。娘を見ていると、「あ~一生懸命生きているんだな!」って感じがします。」

 

「長女は3学期から学校に通い始めましたが、全てが解決したから…ではありません。授業中寝ちゃう、モヤモヤが出てくる…という心配や不安を毎日かかえながら、小さな浮き沈みを繰り返しながら通っています。そんな毎日なので、正直なところ、私に、もう大丈夫だ!という安心感はありません(^^;(中略)日をおいて再度考えてみると、木村先生のサポートを受けさせていただいているから、今、長女の不安を感じることができているのでは…?と思いました。(中略)…私、これからも木村先生の元で勉強したいです。楽しいので、このサポートが趣味のように感じてきています(^^)」

 

「長男の高校は明日は卒業式です。長男も2年制へと進級するにあたり、コースを決めないといけないようで色々とどうしたらよいのか話してくれました。」

 

「昨日も朝からお昼まで学校で頑張ってきました。お弁当を持っておいでと言われたようです。今日は朝から午後まで行ってくるようです。」

 

「今日の朝もいつも通り朝ごはんと長女のお弁当を作り、玄関の掃除を終えてリビングに戻ると、娘が起きて朝ごはんを食べていました。長女より早く。あまりにも不意打ちだった為、思わず「ウワッ」と声が出てしまいました(笑)。(中略)「テスト受けるの?」と聞くと「受ける」と娘。(中略)半年ぶりに教室に入り、テストを受けてきたようです。(中略)帰って来てから、今日は迷いがなかったこと、朝行くと友達に連絡したら、電車を乗らずに待っていてくれたこと、教室に入れたこと、テストは難しかったことなどを話してくれました。」

 

「一緒に散歩したり、買い物をし、その後はテレビゲーム、YouTube、そして割り箸で鉄砲を作ってました。輪ゴムが3連続で飛ばせるそうです。それを次の日、学校に持っていきました。」

 

「担任の先生と技術教室に向かったので、私は現場に居合わせませんでしたが、授業の途中からクラスのみんなと一緒に作業をしたそうです。(中略)とても勇気を振り絞ったんじゃないかと、担任の先生からの電話を受けて涙があふれました。」

 

「ムクッと動き出した長男。レポートを自力で全てやりきり、単位取得のためのスクーリングにも全て参加し、視聴票もやりとげました。すごい集中力、すごい行動力に驚くばかりでした。お蔭様で無事に進級です。」

 

「先週は息子の卒業式がありました。卒業前の息子は少しでもみんなと過ごしたいとの思いで登校している様子でした。みんなとの残り僅かの学校生活を大切に過ごしている様子でした。数ヶ月前、息子は何もできないような状態でしたが、だんだんと気持ちが学校へ向き出した頃、「学校へ行きたいけどみんなにどう思われてるかが心配」と言っておりました。息子の気持ちを担任の先生にお伝えしたところ、「みんな心配していて、待ってますから。」と話して下さいました。その言葉に息子は少し勇気を頂けた様でした。先生が負担の少なそうな日を教えて下さり、息子は勇気を出して登校致しました。先生方、学年のお友達みんなで息子の再登校を温かく歓迎して下さいました。そのことに、息子も私達夫婦もどれだけ勇気を頂けたことか。それから少しずつ少しずつ、息子の登校は安定して行きました。息子は不登校を経験し、お友達の大切さを以前より深く感じ、感謝の気持ちを抱いております。そして「楽しかったことも辛かったことも、全てが宝物」だと言っております。息子が不登校になってすぐに木村先生の初期対応サポートに申し込みをし、少ししてひふみ~よ会員になりました。なかなか理解が遅く、まだまだダメダメなのですが、息子がこの様にあたたかい卒業を迎えることができたのは、木村先生、ひふみ~よ会員の皆様のおかげ様だと思います。ありがとうございます。」

 

「長男高2ですが、無事進級できることになりました。それでも、日々いろんなことに葛藤があり、精神的に疲れると数日休むことがあります。でもしばらく放っておくと自分で踏ん切りをつけて、また進み始めます。」

 

「サポートを受けさせていただくようになり、私の心は着実に穏やかになっております。ありがとうございます。お陰様で孫との関係も良好です。ありがとうございます。(中略)161回最後の一言に涙が止まらず…お陰様で嫉妬心メラメラ…は無事鎮火(笑)ありがとうございました。音声配信スゴイですね!他者の言葉がなかなか入らない私ですが、木村さんの、やさしくきっぱりした言葉はストレートに入ってきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

 

「毎日休み無く、メルマガを届けてくださっていることにもお礼申しあげます。もあもあよくなるや木村様の声が、油断しそうな私の心に刺激を与えてくださり、本当に感謝しています。」

 

「最近の娘は、私との会話も穏やかで、笑顔もあります。1年前の今頃のことを考えると本当に信じられません。本当に木村さまには感謝しかありません。ありがとうございます。」

 

「今日もメールをありがとうございました。毎日当たり前のようにメールいただいてますが、本当に凄い事ですよね。感謝します。(中略)今日は私が出来なかった洗濯物を干してくれて部屋を掃除ししかもほったらかしの扇風機(^_^;)まで掃除し筋トレやってお風呂掃除してその後ゲームとせっせと活動したようです。」

 

「木村様 いつも暖かいサポートをありがとうございます。昨日、1月と2月に受けた英検が合格していたことを、子どもがサイトで確認し、喜んでいました。(中略)晩ごはんは、いつも熱いものをしっかりたべ、昨夜も、ホットプレートで、お好み焼きを作ってくれて、自分もたくさん食べていました。私の好きな番組を録画してくれていました。私が探していた商品をネットで探してくれました。これからも、毎日の子どもたちとの暖かい時間を大切にしたいです。」

 

「木村先生はいつも相手の事を考えて対応されております。私はいつもこんなことまで考えてくれているの?とびっくりしております。でもその対応が木村先生への信頼につながり、ひふみ~よが成長し続けている証でもあるのだなぁと感じました。」

 

「ひふみ~よのサポートを受けるようになり、考えすぎが減っています!木村さんはなぜそうなるのか(サポートを受けることにより考えすぎが減る、等々)分かりやすくその都度教えてくださっていてすごい 感謝です!すぐに疑問を感じる私、考える前に解答がでています(笑)」

 

「先日、息子の誕生日でした。今までは写真を撮られるのを嫌がっていたのに、ケーキの火を消す時に母がスマホを向けても普通にして写っていました。もう息子の写真は一生残せないんだと思い込んでいましたが違うんですね。なんだか、嬉しい変化でした(^^)」

 

不登校初期で検索してひふみ~よを見つけて入りました。(中略)こちらのサポートをして頂いて少し不安が消えました。道筋が見えたようになりました。」

 

「中学校はいつもの火曜と木曜のほか最近では月曜日も別室登校しています。別なカウンセラーの先生と会ってきたりしています。心の変化が感じます^ - ^」

 

「この私の気持ちの変化は木村さんの音声を聞いてからです。自分でも、こんなあせらない気持ちになっていることにおどろいています。ありがとうございます。」

 

「木村先生 第165回の音声、めちゃくちゃ楽しく聴かせていただきました。(中略)そして「楽しむ」の定義のお話。とても参考になりました。ありがとうございます。」

 

「木村先生のサポートを始めて、幸せを感じることが本当に多くなってきました。(中略)息子ですが、笑顔が増え、首が凝る(スマホのし過ぎです( ̄∇ ̄))らしく、私にマッサージをさせてくれます。思春期の息子に触れる私は幸せ者ですね(#^.^#)しかも、食器を洗ったり、洗濯物を干したり、心よく手伝ってくれます。」

 

「サポートを受けるようになり孫に嬉しいいろいろな変化があります(^-^) 学校が(一時間の保健室登校)ふつう→楽しいに 就寝時間3時30分→12時前に 起床時間お昼前→8時前後9時前後に ゲ-ム等→20時までに そしてすごくお喋りをするようになりました(^-^)ありがとうございます」

 

「学年末テスト中は勉強が解らない事や、赤点をとったらどうしようという不安や、勉強しなければと思うものの、やる気が起きないと私に話したりと、色々ありましたが、なんとか進級出来るようです。」

 

「修了式に出ることができました。びっくりです。(中略)昨日からスタートした補修の授業に行ってみるといい、昨日と今日と2日連続で受講しております。」

 

「お休みの日もなく木村先生がサポートしてくださること、感謝しかできません。ありがたいです。」

 

「今朝、昨日いただいたもあもあよくなるを読んでいたら、感動で涙が溢れてきました。(中略)今の自分の心の奥にあるモヤモヤした気持ちをまさにそのまま表してくれているようで、(そうなんだ、私の今考えていることはこれだ)と、心の硬い皮が剥がれていくような感じがして、とても癒されて、ひとりじゃないんだと励まされて、又明日も頑張ろうと思えて、涙、又涙です。」

 

「先日、長男の高校では終業式でした。いろいろな賞を与えられる場でもあるそうで 長男、ふたつの賞を頂いてきました!すごい!!(中略)多分、時には無理しながら。そして、時には無理をしないことを覚えた1年でした。本当に本当に本当に頑張って、楽しんで、成長した1年でした。長男と関わってくださったすべて方々に感謝いたします!私をサポートしてくださっている木村さん、会員の皆さん、シア プロジェクトのスタッフの方々 毎日一緒にいてくれる家族 毎日一緒に働いてくれる職場の方々 本当に本当にありがとうございます。」

 

「木村先生と木村先生が提供して下さっているここにくれば、冷静な自分に戻れる気がします。皆様、ありがとうございます。そして、木村先生、こんな素敵な場を作って下さってありがとうございます。」

 

「朝、チャイムとともに『おはようございます。おーい、卒業式に行くぞー』と友達が迎えにきてくれました。息子君はまだ、寝ていたのですが、どうやら一緒に行くようです。(中略)2月末に通信高校の合格が届きました。」

 

「月~金の週5日は、毎日娘が、家族3人分の夕飯を作って待っていてくれています。仕事が終わって帰ってきて、玄関を開けた瞬間に、おいしそうな匂いがしてきて、本当に幸せな気持ちにさせてもらってます。(中略)毎日の夕飯は、ワンパターンの私の料理と違い、バラエティーに富んだ料理で、上手に作ってくれるので本当においしくて、娘に毎日その事を伝えています。料理の腕もどんどん上達しているし、作りながら片づけをしたりと手際も良くなっています。」

 

「息子は、4月から通学から通信制にコース変更して、前に向いてすすもうとしています。」

 

「高校の入学前登校日(最終日)には昼食会まで出席。帰りはなんと学校の近くに住んでいるという同級生に誘われて家に寄らせてもらったとのことで遅い帰宅。不登校中一度も会うことのなかった、一番仲の良かったお友達に家に来てもらい、高校(次女が憧れていた高校です)合格を祝ったり。大学生の長女のおごりで初めてふたりでカラオケに行き「時間が足りなかった~!」と笑顔で帰ってきたり。(最近とても仲良しのふたりです^_^)また、入学書類に必要な証明写真をひとりで撮りに行くこともできました。(いたって普通のことですが、以前の次女は近所の外出は特に知り合いに会うのを嫌がっていたのです)そして昨日は制服試着のため、私も一緒に高校に行きました。」

 

「1月下旬から始めたスポーツクラブですが、今ではほぼ毎日、1時間程度通うことができています。(中略)また、3月下旬からは家庭教師をつけて勉強を始めることになりました。」

 

「先週、息子が担任の先生に「話がしたい」と言って来たそうで「30分位なら時間取れるよ」と先生。息子は下を向いて話し始め「今度は先生が担任じゃなくなるかもしれないね。俺は先生に甘えていたのかも」と。先生は「担任にならない可能性は大いにあるけど、何かあれば話聴くから。勉強も聞きにきてくれたら教えられるし」と。そして30分より10分早い時間に「お時間頂きありがとうございました」と言って帰ったそうです。普通の話に思えるかもしれませんが、息子の変化と成長を感じられてとても嬉しかったのです。時間を守ったところ、感謝の気持ちを表しているところ、自分は甘えていたのかなと客観的に見られているところです。」

 

「新しい音声を聞くのが今から楽しみなのですが、まだ以前プレゼントで頂いた第9回の音声を聞き続けております。新しいものが167回、私が頂いてた9回。とてもとても想像できないくらい、長い期間のサポートなのですね。変わらず継続されているんだなあと圧倒されます。なのに9回を聞いても全く内容がブレずに力強く、気づかされることが山のようにあります。とても心地よいです。心が落ち着くのがわかります。木村先生、先輩の親御さま、改めましてありがとうございます。」

 

「試しのコンタクトで様子見することになりました。そうしたらちょっと気分が変わったのか嬉しそうなのと前向きな様子で昼の筋トレしてみたりお風呂掃除も自分からやりだし一人で入浴してました。そして翌日の朝は自分から起きてきました。(びっくり!!)」

 

「ある日突然一人で散歩に出かけていました。(一人で外に出たのは10ヶ月ぶりです!)(中略)私が映画に誘って、行く気になったら用意しててと行って仕事に出たのですが、まあ行かないだろうと思って少し忘れていたところ、なんと時間通りに用意していて、1年ぶりに映画館に行くことができました。」

 

「次男、通信制高校から合格の知らせが中学校に入ったようです^ - ^「合格しましたーん」と、変なポーズをして教えてくれた次男(笑)『よかったねー!!おめでとう!!』と、わたし^ - ^今日、合格通知書を取りに中学校へ行くそうです。」

 

「朝起きて、ご飯も食べて夜の時間に寝るようになってます。カラオケに祖母と行きました。4時間いたそうです。」

 

「息子は、不登校を経験し、自分のことをありのまま受けとめ、自分にあった仕事は何かを考え、そして自分で答えを出しました。ですから、今は幸せを感じているのではないかと思います。「不登校は宝物」と言いました。」

 

「先日は音声配信をまた違った形で贈っていただきありがとうございました。ちょっとしたサプライズ、ワクワク感があじわえました。木村さんがお話していた『楽しむ』ということのひとつはこういうことなのかな?と思いました。今回は一気に4つの音声を聞かせていただきました。今回も木村さんのお話、会員の皆さんのメール報告…とてもすばらしかったです。本当にありがとうございます。ひふみ~よの会員でいることの幸せを噛み締めてまた聴き直したいと思います。」

 

「音声配信の中で私のメールのことに触れていただきありがとうございます。木村先生の力強いお言葉をしっかり心に留めておきたいと思います。娘の時にも木村先生に出会いたかった・・・娘とは海や山にドライブに行き自然に触れ、癒され、エネルギーをいただいています。買い物もよく一緒に行きます。こんな風に娘と過ごせる幸せを日々感じながら過ごしたいと思います。」

 

「私、今すごくラクになってるって思いました。何年も、子供が不登校で悩んでいたけれど…何年も、泣いたり苦しくて自暴自棄になる事もたくさんあったけれど…その時間に比べたら遥かに、今「ラク」です。何年も、できなかった事が出来るようになって来ているのです。(中略)木村さんは、常に私達に大切な情報を下さっているんだなってって改めて思いました。(いつも思っていますが…)木村さんのお陰で、知らなかった事、感じる事ができなかった事を毎日、受け取る事ができています。」

 

「次男、高校の面接が終わりました。主人と二人で行きました。1時間半くらいあったそうで、こんなに長くするものだとは思わなかった!と二人。主人に次男の様子を聞くと「堂々としてたよ。受け答えもしっかりしてたし^ - ^」と、主人。うちに帰ってきてからしばらく二階の部屋にいましたが、リビングにきた次男の表情は明るく、晴れ晴れした感じに見えました^ - ^(中略)「部屋片付けなきゃなあ。」と、次男が言うので友達がくるからかな?と思い聞いていると「高校生になるしね」とぽつり。あ、そういう片付けか…。…嬉しいんだね。高校に進学すること。ウキウキしてる様子^ - ^なんかそんな次男の気持ちにちょっと感動…。とても前向きに進もうとしているんだと感じ私もしっかりサポートしていこう!と思いました。」

 

「先日長男の高校では卒業式がありました。3年生の先輩達が大好きだった長男。もしや、泣いた?と聞いたら…泣いた。と小声で返事する長男。「わざと泣かせようとするんだよ」とも言ってました(笑)(中略)たくさんの素晴らしい出会いに恵まれています。ありがたいです^ - ^」

 

「第165回をきかせて頂きました。木村先生のお話は、いつもとても楽しいのですが、今回は私にとって、特別ワクワクする内容でした。朝の通勤途中でしたが、満員電車も苦にならず、職場についてもしばらくは、ワクワクが止まりませんでした。(中略)私、木村先生の、未来のビジネスのお話が大好きです。息子の未来がとても明るいものに感じられ、すごくワクワクします。」

 

「木村様 いつも暖かいサポートをありがとうございます。このサポートを本当に心強く感じます。最初は、「スマホのメールや音声で、いろいろなことを教えてもらっている」という感覚でした。昨日、一人で学校に提出物を届けに行くときに感じたのですが、木村先生と会員の方々が近くで見守ってくださっているように感じました。おかげで、他の高校生が授業を受けているのをみても心が乱れませんでした。スマホだけでなく、心でつながっているように感じました。」

 

「娘は今、在宅コースで授業を隣の部屋で受けています。午前中は私と一緒に犬の散歩に行ってくれたり、お雛様を片付けるのを手伝ってくれたり、朝食後の食器洗いをしてくれたりと最近は私が娘に寄り添ってもらってる気がしています。こんな私は幸せ者です。」

 

「木村先生、心が揺れるときに、音声を聴くと、違うところに意識が行って、とても落ち着きます。ありがとうございます。(中略)日曜日の夜、長女の卒業祝いに、家族で焼肉食べ放題に行きました。家族揃ってご飯を食べたのは、年末に同じ店に食べに行ったとき以来!夫が長女と話したのも、その時以来!行きの車は、重苦しい雰囲気でしたが、帰りは、子ども同士でも、話が弾んでいました。とっても、とっても、嬉しかったです。」

 

「次女が卒業と入試を迎えます。娘が不登校になり、木村先生と出会えたことでこの次女が(も)大変恩恵を受けているな、と感じることがあります。娘が不登校にならなければ、私はずっと娘達に口出しをしまくって、娘のみならず次女にも、しんどい思いをさせていました。サポートを受け始めてからは次女に対しても根幹の実践をすることで練習をさせてもらっていました。そのおかげか、次女は今学校が大好きで、親が何も言わなくてもコツコツと受験勉強をして、行きたい高校を目指して頑張っています。世間一般の普通に学校に通っている子供の親、という体験を私にさせてくれています。次女の存在に感謝しています。」

 

「息子は昨日、終業式でした。振り返ると、この一年間は、色んな変化があった年でした。高校生になったこと、アルバイトを始めたこと(今はもう行っていませんが^^;)、習い事を始めたこと(今はその影響で違うことも近々新たに体験するそうです)、自分なりに体調管理ができるようになったこと、将来なりたいことが見つかったこと、そして、そのために必要なことを学ぶために新学年からコース変更をするための試験を受けたこと、必要な検定を受験したこと…などなど。これを書いてるうちに…新しい体験をたくさんしたんだなぁ!!って実感してきました。すごいですねー、息子。こんな変化を見れるなんて幸せです♪これも木村さん、ひふみ~よの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます!!!これからも色んなことで、悩んだり、浮かれたり、不安になったり、喜んだりと色んな感情と出逢っていくと思いますが、木村さんのお話を聴いて、気持ちのバランスを取りながら、進んでいけたらな♪と思います。【木村さん】というしっかりとした指針がありますので、どんなことがあっても、楽しんでいけるのじゃないか♪と思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。木村さん、いつもいつもありがとうございます(^∇^)」

 

「木村先生、毎日のサポートありがとうございます。会員のみなさま、毎日、新たな気づきをありがとうございます。みなさまのおかげで、昨日、卒業式に参加し、証書をいただくことができました。(中略)入試が終わった日も、「明日は学校に行って、先生方に無事試験を受けることができたことを報告したい。」と、言い、そして、学校にも行きました。(報告だけして、速攻帰って来ましたけど笑)そんなふうに思える心が嬉しい。そして、行動に移すことができた娘は最高に素晴らしい人間です。」

 

「笑顔、笑顔の卒業式でした。次男がこのような卒業式を迎えることができたのは木村さんのサポートのおかげです。本当にありがとうございます。そして、会員のみなさんのおかげです。ありがとうございます!」

 

「過去音声は、最近の音声とは、またひと味違って、なんか懐かしいような、甘酸っぱいような、嬉しいような不思議な感じがするので聴くのが楽しみです。」

 

「息子が、散歩に行くと言い出しました。(中略)歩きながら、雑談ですが話しをしました。息子が自分の足で歩いて外出したのは、約7ヶ月ぶりです。とても楽しい時間を過ごしました。」

 

「高3になる娘が元気が出てきました。昨日今日と自営の手伝いのバイトをしてくれて、地味な仕事を一生懸命やってくれました。(中略)」

 

「今朝は第168回の音声を聴かせていただきながら家事をしました。まだ音声の途中ですが、会員の皆さまのメールがどれも素晴らしくて、朝から感動していました。」

 

「長男は中学進学に向かおうとしています。制服採寸にも行きました。入学許可をもらうために受診しました。昼夜逆転の中、6時半に起きて学校体験に11回も行きました。」

 

「以前は、自分の部屋で、暗い顔をして、ぼうっとしていることが多かったのですが、最近は、それがだいぶ減りました。明るい顔で、リビングにいて、私や家族や犬と過ごすことが多くなりました。」

 

「卒業後の話になった時、「え?高校行くんでしょ?」と息子。その言葉にびっくりの私。(中略)そこから、受験する通信制高校を決め、学校に書類を書いてもらい、4月入学に間に合う期日で出願出来ました。」

 

「今朝自分で朝起きて、ご飯は食べなかったけど、おにぎりを自分で作り出かけていきました。嬉しいですが一喜一憂しないよういってらっしゃいと声をかけました」

 

「春期講習の前に、慣らし的に予備校に通っていた娘ですが、今週から春期講習に通い始めました。」

 

「土曜日、娘はホームステイのため出発しました。前日の終業式は定時に自転車で登校しました。教室にも上がり、式にも出れたそうです。」

 

「授業中でもうるさい子がいて集中できない、授業もなかなか進まない、隣のクラスがよかったなど、学校での不満をポツリポツリと話してくれます。「あ~、めんどくせ~。勉強やる気にもならない」と言いながらもチラリと笑顔が見られたりもします。「今日は、本当にめんどくさい。休む」と言って3学期は1日だけ休んで、次の日には、また学校に行きました。口では、あまりいいことは言わないけれど、嫌なことばかりではないのかもしれない、まだまだ悩み迷いながらも、学校へ行くことを自分で選択して通っているようです。」

 

「今日、長男が就職のため、関西から関東に旅立ちました。不登校、自殺未遂と辛い状況を乗り越えての就職です。(中略)毎日、長男を雇ってくださった企業の方に感謝の気持ちを持ち、そこで頑張っている長男を想像して、「生まれてきてくれてありがとう。」と心の中で思います。」

 

「本日は始業式。集団登校で登校しました。本人が考えながら少しずつ進んで行こうとしているようです。本人のペースで焦らず進んでいってほしいと思っています。(中略)今、元気に帰って来ました。今日はずっとクラスで過ごしたそうです」

 

「授業が始まった娘は、久々の学校にお疲れです。今まで何時に寝ようが起きようが好き放題でしたが、そういうわけにはいかず、毎朝起きて学校に行ってます。娘は『3週間頑張ったらゴールデンウイークなので何とか頑張れる~』らしいです(^^)」

 

「娘は、8日間の春期講習を終え、春からの入学案内をもらってきました。少しの迷いは、見え隠れするのですが、少しずつ進もうとしている様子が、愛おしくてたまりません。」

 

「学校から帰ってきた娘の表情はとても良かったです。夜のウォーキング中に新担任の印象やクラス編成を話してくれました。新担任の印象は良かったようで、「よく笑う先生で私も笑ってしまう」と嬉しそうに話してくれました。同じクラスに仲良しさん3人が一緒だったのも喜んでいました。学校側のご配慮に感謝です。」

 

「昨日、初めて1人でのJR通学をした長男。帰宅するなり「お腹すいた~」っと炊き込みご飯を大きな茶碗に三杯も食べていました。そして学校での話もほんのちょっぴりしてくれ、私は今日一日充実していたんだなぁっと感じていました。(中略)そして今朝は、1人では起きれなかったのですが昨夜長男から「起きていなかったら起こして」っと頼まれていたので私が起こして、しっかり朝食も食べて、先程JRで登校しました。(中略)『あーーいろんな事が充分だなぁ』っとつくづく感じています。先程久しぶりに会ったママ友から「なんか生き生きしてるね!わかくなった!!」っと言ってもらえました(⌒▽⌒)これもきっとひふみ~よ効果なんだと思いました。ひふみ~よの若返り効果!!ありがとうございます(^ω^)」

 

「毎日変化が見られ、毎日成長していると感じるこの頃。(中略)入学式に必要なスーツ、シャツ、ネクタイなども買い、これら全て自分で選びました!びっくり!」

 

「現在、海外で自分に合う学校とお友だちに恵まれて楽しく生活している様子が伝わってきます。私には無い、自分軸を持っている彼女は本当にすごいです。」

 

「息子の様子ですが、学年末テストも全て受け、何とか進級出来ました。(中略)春休みは朝方眠りにつき、正午頃に起きる生活が続いていますが、穏やかな様子で笑顔も見られます(^^)(中略)午後から遊びに出かけたり、部屋からスマホゲームで友人と通信で話したり笑ったりする声が聞こえたり、ギターを弾いていたり、歌声が聞こえています。」

 

「春休みに娘が塾主催のホームステイに行きました。帰国後は、びっくりするほど前向き発言と、クヨクヨしてもすぐに立ち直り、表情も明るくなりました。(中略)離任式も自転車で定刻通りに登校できました。(中略)昨日は弟の中学入学式と始業式がありました。登校前に家族で写真をとりました。娘も時間通りに登校することができました。すっかり弟に背が追い越された娘は「私が新入生みたいや」と笑いながら登校しました。今日と明日は課題テストです。春休みにワークをわからないなりに仕上げました。ほぼ丸写しでしたが。それでも、いままではほとんど開かなかった教科書やワークを開いてしていたことがとても嬉しく思いました。昨日テスト勉強は全くしてませんでしたが、「イヤダイヤダ」と言いつつも、今朝も登校して行きました。」

 

「子どもは、友だちと遊びに出かけ、私は仕事に出かけ、仕事中、バイトの面接に行くことになったとラインが来ました。(中略)不登校になった頃、死んだような表情をして、布団に潜り込んでいた子どもと、雲泥の差です。2カ月間、ほとんど家にいたことを考えると信じられない行動力です。今まで、木村先生に教えていただいたことが、いつも頭にあります。木村先生のおかげです。本当にありがとうございます。」

 

「息子が私がいない間に、朝、自分で起きて自分で家をでていくなんて、信じられないことです。本当に木村先生のサポートのおかげです。(中略)音声ありがとうございました。まだ、第169回しか聞けていないのですが、心が、よりおだやかになりました。」

 

「今日はじめての登校日で、高速で1時間くらいかかる学校まで夫婦で、つれていきました。以前から、「お父さん連れていってね。」と嬉しそうに言っていたのですが、当日になり多少不安ではありましたが、何事もなく車にのり登校しました。1年ぶりの学校で、本人はすごく不安だろうなと思いますが、彼なりに考えて前向きにすすもうとしているんだなと、我が子ながらすごいなと思います。」

 

「入学式には長男の四年生の時の担任の先生が来賓で来てくださり「来たくてきちゃいました」っと話しかけてくださり、祝電には六年生全員の集合写真と温かいメッセージが載せてありました。長男が不登校になってから、学校はずっと長男と私たち家族に寄り添ったサポートをしていてくださった事をひしひしと感じ、この小学校だったから長男の今日の入学式があるんだなっと感謝でいっぱいの気持ちになりました。」

 

「先日、入学式がありました。(中略)受付には遅刻しながらも登校できました。遅刻したにも関わらず、玄関で出迎えて下さった教頭先生、保健室の先生、特別支援学級の先生に「よく頑張ったね~待っていたよ~」と各々に声をかけて頂きました。私は次男の頑張りを認めてもらえ、とても有り難く感じました。(中略)次男は式の途中からニッコリしていました。長男や長男の友達を見つけたそうです。」

 

「木村先生のように、不登校対応に特化したトレーニングをこのようにロジカルに、しかもわかりやすく説明してくださる方は、きっと世界中どこを探してもいないのではないでしょうか。そして数字に弱くて論理的に物事を理解するのがどちらかというと苦手な私にとっては、かっこよすぎて、憧れ以外の何者でもないです。」

 

「もし、木村さんに出会わなければ今、どんな風に過ごしていたのでしょう。ずっと苦しいまま過ごしていたのかな?木村さん、本当にありがとうございます。感謝してもしても足りないですが。」

 

不登校初期対応からひふみ~よに入会し、音声の凄さに聞きいっています。」

 

「ひふみ~よ音声配信をお送りくださりありがとうございます。起きてすぐに発見し、嬉しくてワクワクします^_^いつもご指導くださり、本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。」

 

「今までお昼過ぎまで寝て居たのにここ一週間程は朝9時頃に起きて来て居ます。」

 

「「バイト4月は結構忙しいの? 」ときいたら、「まずは学校の時間割ちゃんときめてから、だから、シフトもまだあまりいれてないよ」とのこと。」

 

「私のすぐそばには木村さま、会員のみなさまがついていてくれている。そう思うと、なんだかこれからもやっていけそうな、そんな気がするのです。メールを送っていただいた親御さま。『私だけじゃない。一人じゃないんだ。』と思え、元気になれるメールをありがとうございます。これからもひふみ~よの会員として一緒に学んでいけたらとっても嬉しいです(*^^*)」

 

「今日新しい教科書が配送されてきました。何キロあるのかは分かりませんが、間違いなく30キロ以上あります。(中略)部活の仲間と自主練習してから夜はバイトに行きます。(中略)娘の話しを聞いていると、「あ~強くなってるな~」と思います。本人もそう感じる様です。理不尽な事に落ち込んで凹んでるだけだった以前とは違います。上手く自分の中で処理できるようになってきています。この春休みは娘と花見をしたり、出かけたりできました。娘も授業が始まれば大変ですが、私も心してマインド変化に取り組み、日々、楽しく暮らしたいです。」

 

「木村先生のひふみ~よを聴かせて頂くと心の中が色々整理されて落ち着きを取り戻します。」

 

昼夜逆転を変えたいのか、10時→9時→8時→7時と徐々に早起きしようとしています。」

 

「今日改めて実感しましたが、不登校対応を超えた内容のサポートには本当に感謝です。(中略)コーチングの質問のおかげか、先程はなぜか、ニュートラルに近い状態で話を聞くことができました。」

 

「毎日のメールありがとうございます。音声配信もありがとうございます。(中略)会員の皆さんのメールで学校に行かない選択も、その後の進路も勉強になっています。ありがとうございます。」

 

「信じられないような偶然が重なり、子どもは久しぶりに、友だちと、外に遊びに行きました。晴れやかな顔で帰って来て、楽しそうに子どもからいろいろ話してくれました。」

 

「今ある幸せを感じることができるのは、木村先生のサポートを受けていなければ感じることができなかったことなので感謝申し上げます。」

 

「先日、サポート校の在宅コースの娘が、「最近、やっとお母さんに本当の気持ちを話せるようになった。」と言ってくれました。(中略)どうしたら自信をつけられるか、という話になり、聞いていると、娘なりに色々調べているようです。」

 

「きっと木村先生に出会わなければ、こんなに自分のホントを見つめる事も、コロコロ変わる自分にも、気付けなかったかもしれません。長女が不登校になったからこそ、私が私を見つめ始めたのですね。感謝の気持ちがまたひとつ、増えました。」

 

「みなさん、同じ想いをされてるんだな。他にも色々同じようにもがき苦しんでいる様子を知ると、私は一人じゃないんだなと。周りには、なかなか同じ想いをしてる人、相談出来る人は見つかりませんが、ここに仲間がいると思うと力になります。木村さん、皆様、ありがとうございます。」

 

「この週末、学校に提出するものを自分で記入。今日、全て揃えて学校へ向かいました^ - ^まだ、駅から学校までの道が覚えられず かなり時間がかかるようですが、グーグルマップを見ながら通学しています^ - ^」

 

「木村さん、もあもあよくなる「放っておいて欲しい気持ち」と「助けて欲しい気持ち」の同居をありがとうございます。今の自分の状態とリンクしすぎていて、今までで一番の衝撃でした。(中略)先日、合格通知をいただき、入学の意志確認にこたえ、ただいま関係書類の到着を待っているところです。(中略)中一からの勉強を3年間見向きもしなかった学習机でし始めています。昨日は、気持ちよく、同居祖父母と歴史的な施設などにお出掛けをしました。(私は、長男のこれからの服を買いに出掛けました。楽しかったー。男子の服でも楽しかったー。3年前、女の子の服を選びたいなーと不満でした、わたし、馬鹿です。)今日は私と出掛けてくれるみたいです。」

 

「木村さんのメルマガが毎日届いて、いつでも音声を聞く事が出来、私には素晴らしいコーチがついていると思えて安心出来たり、会員の皆様のメール報告を読み、1人じゃないと励まされたり、沢山の気づきを頂いています。本当にありがとうございます。4回分の音声を送って頂き、ありがとうございました。早速、聴かせて頂きました。とても大切なお話ばかりで心に響きました。」

 

不登校のサポートをしている方々のブログやサイトを色々と参考にしてきましたが、木村先生の文章はすんなりと心に入ってきますし、納得できる内容で、たどり着いて以来参考にさせていただいています。ありがとうございます。(中略)木村先生の文章や音声は、温かい気持ちが伝わってきます。力になりたい、でも、フラットな立場で、という心遣いも伝わってきます。さすがですね。」

 

木村優一様 土曜日にもかかわらず、早くに入金確認をして、レポートなどを送っていただき、ありがとうございました。感激です。涙☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆楽しく読んで、聞かせていただきますね。」

 

「先日は4つの音声配信を届けていただきありがとうございました。やっと全部聴き終わったところです。今回も木村さんのお話からのドキドキ、ワクワク、会員の皆さんの素晴らしいメール報告からの感動や気づきをたくさんいただいたおかげで心が穏やかに優しい気持ちになれました。心のもやもや解消です。ありがとうございます。」

 

「今日も春らしい陽気の中、長男は登校しました。駅まで送る車中での長男とのおしゃべりも、私の楽しみの一つになっています。」

 

「木村先生の音声を聞くと、気持ちが元気になります。疲れて家事が嫌になる時も木村先生の音声を聞きながらやると、元気が出て家事がはかどります。」

 

不登校初期対応からひふみ~よに入会し、音声配信でたくさんの情報をいただき、自分の中で何か少し変化している気がします。(中略)もっと早くひふみ~よに申し込めば良かった…。でも、過ぎてしまったことにこだわっていても仕方ありません。(中略)まだ少し時間が必要そうですが、少しずつトレーニングを重ねていきたいと思います。そんなまだまだの私ですが、木村先生の心地よい声を聞いていると少しずつ変化出来る様な不思議な気がして来ます。」

 

「木村先生の目に見えない文章からの暖かい物を感じ、涙が出てきました。こんなに優しくされると、人は自分の中の滞って居る物を自ら浄化するのだなぁっと驚いています。」

 

「中2の長女ですが、4月の登校初日から1日おき位のペースで登校しております。(中略)校舎に入る、自分の教室に入る事に時間がかからなくできたり、授業やテストを遅刻しても受けられるようになっています。めざましい進歩を感じます。(中略)落ち着くとクラスでの出来事や、職場体験の準備の話も、してくれるようにもなってきました。」

 

「息子は「学校が今までと違う雰囲気に思えた」と言っていました。家に帰って「まずは放課後に先生に会いに行ってみようかな」「転校とか別の学校に行くんじゃなくて今の学校に戻りたい」と言いました。良い流れだなと思ったのですが・・・なぜか私に妙な焦りが出てきました。(中略)そんな折170回の音声を聞く事ができました。あれこれ先の事を考えて心配してしまう自分に必要なお話を聞いたような気がしました。乾いた土に水がしみ込むような感じで非常に元気になれました。ありがたかったです。」

 

不登校の子供達の気持ちが痛い程、解かってらっしゃる。そして、木村様ご自身がサポートする事を楽しんでいらっしゃるから継続する事ができるのですね。本当にありがとうございます。」

 

「表情は明るく、『身長伸びたな~何センチだ』って廊下で急に先生に声かけられてとっさに何センチかわからなくなっちゃったから嘘言っちゃったかな~~まぁいいか。なんてちょっと楽しそうでした。」

 

「第171回の音声を聞きました。不安の塊だった私の心をほぐしてくれました。(中略)今日は木村さんのサポートを受けていて、本当に良かったと思えた日でした。救われました。ありがとうございます(o^^o)」

 

「3学期末の卒業式の日、遅れて登校しました。(中略)終わりの会では教室に入り、皆にプレゼントを渡しました。皆、歓迎してくださり、娘も少し自信をもてたようです。」

 

「今月いただいた音声の、169回と170回を何度か聞きました。(中略)木村先生のお母様のお話が印象に残っています。私の母も似たところがあるので、先生のお母様のお話に引き込まれてしまいました。」

 

「雪の降る春分の日の外出中にひょっこりと、「私、高校の事考えているんだよね」と娘が言い出しました。ネッ友の方々に面倒見が良いから保育士さんとか向いているかもって言われたそうで、それも良いかもと思ったそうです。保育士の学校に行くには、高校に行かなくちゃいけないと考え始めたのだそうです。」

 

「昨日の6限授業はなぜか行きました。そして、書写係りになったこと、戸惑うことがあったことを教えてくれました。」

 

「170回目の音声をさきほどききました。(中略)なんだかすごーく笑ってしまいました。(中略)ほんとにいつも木村さん、ありがとうございます。」

 

「169回の音声配信聞かせて頂きました。夫婦関係の改善のお話…なかなか上手く実行できない私にはとても大切なお話でした。」

 

「木村様、4回分の音声配信をありがとうございました。毎日お忙しい中、とても深いお話を私達のために送ってくださり、私はなんて恵まれているのだろうと思いました。本当にありがとうございます。(中略)この様な素晴らしい環境に身を置ける事は奇跡ですね。本当にありがとうございます。(中略)木村様、会員の皆様、支えてくださり、本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。」

 

「息子との食器洗いも毎日の日課になりつつあります。息子のおかげで、楽しく食器洗いができています。また、第172回の音声の中で、人は循環の中で生きているというお話がありました。心にすっと入りました。欲深い自分を認めて、手放していけるようになりたいと思います。」

 

「少し時間が出来、やっと音声を聞き始めたりしています。(中略)文章だけではどーすればいいのか難しかったのですが、音声を聞いて“こういう行動すればいいのか”という例を頂き、少しずつやっていこうと思います。」

 

「今朝は8時半に登校すると言い、落ち着いた様子で登校しました」

 

「木村先生のサポートを受け始め、1人1人違った対応があり、また、自分自身が主体性を持って生きるという事を気付かせて頂きました。私のこのマニュアル通りに育てたいという思いと、何に対しても平均より上か下かで評価してきた事で随分娘を苦しめてきたんだな、とも思いました。(中略)木村先生、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。」

 

「娘はやっと進みたい目標を決めたようです。そう簡単にはいかない道のりですが、本人が行きたいと強く思っているようですので、見守り、手助けが必要なら手を差し伸べていきたいと思っています。娘は、卒業式の事を想像すると、別れが悲しくて涙が出そうになると言います。中学校ではあんなに卒業が待ち遠しく、高校生活にも期待が持てない気持ちだったのに、自分に合った環境の中にいると、こんなにも生き生きと過ごせるのですね。幸せを感じられる事、この様な気持ちになれる事は当たり前ではないと、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思っています。」

 

「今のところ、ジム通いも家庭教師も続いています。お薬も少~しずつですが減らすことができていて、本当に凄いことです。」

 

「今回送って下さった音声配信の第172回で、「お孫君」のメール報告をされていたお祖母様。とてもお若い様子が伝わってきます。ご自身からの3世代に、その心の変化が流れていくなんて、本当に素敵なことだなぁと思いました。」

 

「木村さんいつも心づよいサポートを継続して頂きありがとうございます。続けるって本当になかなかできないことですよね。楽しんで続けていらっしゃるご様子、尊敬しています。」

 

「長男くん。今日は学校で友達とのやりとりの話を少ししてくれました。(中略)クラスメイトとその話をしている時、長男くんはどんな顔をしていたのかな?っと想像すると、話す空気を感じる限りすっごく笑っていたんじゃないかと思います。」

 

「木村様との出会いが、こんなに素敵な人生に気づかせて下さり、更なる前進へと導いて下さるなんて、思いもよりませんでした。きっかけを作ってくれた息子に感謝です。また、ずっと温かく、寛大に受け止めて下さる木村様に、感謝の気持ちでいっぱいです。会員の皆様との連帯感もかけがえのないエネルギーを与えて下さいます。皆様 本当にありがとうございます。」

 

「木村先生が、こんなにしっかりと、私を見守ってくださっていることに、あらためて感謝と安心を感じます。木村先生は、いつも、会員全員の方々を見守ってくださっているのですね。私の人生、今までこんなに、自分の思いを伝えられて見守ってもらえる場所はありませんでした。この距離感が、またいいですね。音声で、また、たくさんの気づきをいただきました。」

 

「音声配信171回を拝聴させていただきました。もやもやの解消法、小さなことでいいんですよ~と木村さんの爽やか声に、ア~そうなんだ、肩の力がストンと抜けました」

 

「170回の音声で木村様が、期待する事をゼロにするためにはのお話をされていました。昔、会社勤めをしていた時は、木村様も24時間悩みだらけだったとお話しされていました。私は、衝撃を受けました。木村様にもそのような時期があったのですね。(中略)木村様の音声を聞きながら家事をする事が最近の私の癒しの時間です。息子もゲームでできたお友達と楽しそうに笑いながら過ごしています。大切なこの時間の幸せを感じながら、今日1日を過ごしていきたいです。」

 

「木村先生。昨日は新しい音声を4つ送ってくださりどうもありがとうございます。早速今朝は1つ目の音声を聞いて、気持ちが落ち着き、ざわついていたものがなくなりました。感謝申し上げます。」

 

「1年365日、木村先生にお世話にならない日はありません。素晴らしすぎるサポートに感動しています。ありがとうございます。」

 

「長男は、昨日が高校の入学式で緊張しながらも頑張っていました。担任の先生はとても若い先生で、先生もまた緊張されているように見えて、長男にそう言うと、「そういう先生のほうがかえってからみやすくていいかもね」と言っていました。」

 

「今月の音声配信届いておりますのに今きがつきました。とても楽しみです、早速170回音声配信拝聴いたしました。何時もながら素晴らしかったです(^-^)」

 

「木村様のサポートのおかげで、今の私があります。本当にありがとうございます。このサポートを作って下さった木村様は、私的には、ノーベル賞ものではないかと思っています。ノーベル、何賞でしょうね?不登校サポート賞?いや、人生を通してのサポートですから、、、すみません、語彙力のない私には、上手く表現できません。でも、決して大袈裟ではありません。」

 

「170回音声を聞いて、どうして今こうなっているか、どうしたらいいかが、スッキリ分かりました。ひふみーよ会員であることにワクワクしながら、癖を、変えていきます。」

 

「170回、171回、169回を聴かせていただきました。聴いているうちに心が落ち着いてきて、モヤモヤが晴れていくのがわかりました。今回も私に響く、最高の音声をありがとうございます(*^^*)」

 

「4回分の音声を配信いただきありがとうございました。第172回の音声の最後の方に紹介して下さった親御さんのメールで、占い師さんが可哀想で泣いていたというお子さんのお話しがありましたが、私は聴いていて、『なんて素晴らしいお子さんなんだろう!』と聞いていて、涙が出ました。なんて表現して良いのか分かりませんが、とにかく、『将来、凄い人になる!』と、そう思わずにはいられませんでした(*^^*)木村さまが音声で、「会員のみなさんのお子さんはみんな素晴らしすぎるくらい、素晴らしいんですよ!」と仰っていましたが、本当にそうですね(^^)(中略)木村さま。いつも素晴らしい音声を聴かせていただけること、本当に感謝しております。ありがとうございます。」

 

「一人暮らしを始めた長男は毎日のように日々の家事についての疑問を電話かラインで聞いてくれます。(中略)毎日仕事で疲れている中、自分で料理をしてスキルを高めているようです。(中略)娘も、勉強に、美容に、と色々頑張っているようです。(中略)次男は、毎日勉強と卒業研究が忙しいらしく、ヘトヘトになって帰ってきます。(中略)学校での大変だった事や、大変じゃないけど時間がかかっていた事など、あれこれ私に話してくれます。子供達三人が今こうして自分の道を歩んで行ってくれる事、元気な笑顔を見せてくれる事に感謝です。(中略)私はこんな家族に囲まれて、本当に幸せだなぁと今、しみじみ思えます。木村様のサポートのおかげです。ありがとうございます。」

 

「今日は登校班で友達と登校し16時下校ですので8時から16時まで一日学校で過ごすのは半年ぶりです(^-^)(中略)毎日のサポートありがとうございます、お陰様で半年ぶりに一日学校で過ごすことができました」

 

「昨日は次男の入学式でした^ - ^まだ早い時間から、自らスーツに着替えてうまく結べていないけれど、ネクタイもしていてびっくり!「何時に出るんだっけ」『10時半過ぎかな。ネクタイ、よくできたね。』「ネットで見てやってみた^ - ^」入学式、楽しみにしてるんだー。すごいなぁ。一年前の次男とは全く違くて…。木村さん、会員のみなさま 毎日サポートして下さり、支えて下さり本当にありがとうございます。木村さんや会員のみなさまと繋がれたことで今の次男がいます。こんなに明るい表情で高校の入学式を迎えられるとは思っていませんでした。感謝の気持ちでいっぱいです。(中略)朝、長男と同じ時間の電車で行った次男。駅近くで2人を車から降ろし信号待ちしてる2人の後ろ姿を見ていて なんだか…うまく表現できない気持ち。(中略)2人揃って学校に行く姿をまた、見ることができるとは思ってなかった私。以前ならそんな当たり前のこと!…でしたが、今はそんな子供たちに感謝、支えてくださるみなさまに感謝ですね…。」

 

「ひふみ~よの仕掛けは、本当にすごいものだと思います。そして、サポート全体に込められた木村先生の愛が、私達親子、私達に関わる人々を幸せに導いて下さっているんだと感じます。本当にありがとうございます。」

 

「170回、171回音声を改めて聞かせていただきました。なんだか、私の不安な気持ちが少し楽になったような気がします。(中略)木村さま いつもあたたかいサポートに感謝します。ありがとうございます。」

 

「妹が、「お姉ちゃんは変わった!」と言ってくれました。とても嬉しかったです。木村先生のご指導のおかげです。ありがとうございます。」

 

「ようやくですが、球体パズルの小さな1ピースを探せて、はめ込むことが出来たような気がしています。木村様にお出会いしていなければ、気付くことも出来なかったです。本当にありがとうございます。」

 

「落ち込んだとき、音声を沢山聞かせて頂くことで、心が落ち着いてくるのがわかります。私にとって必要な処方箋です。本当にありがとうございます。」

 

「主人が「なんで昔はあんなに夫婦喧嘩をしていたんだろうか・・・」ってぽつりと私に言いました。本当にそうです。なんであんなに訳もなくくだらないケンカばかりしていたんでしょうか。最近した夫婦喧嘩っていつだっけ?と二人で話していました。こんな穏やかな夫婦関係へと変わるなんて正直思ってもいませんでした。木村先生のサポートを受けて私たち夫婦は本当に生まれ変わりつつあります。今まで以上にこれからも感謝の気持ちを持ち続け夫婦二人で子供のサポートをしていけたらと思います。」

 

「私だけの頭では狭い世界でしか思いつかない事を、広げていただけ、『これがひふみ~よでの繋がりのありがたさの一つだなぁ~』っといつもながら、この木村先生の不登校サポート、いえ、どう生きるかについてのサポートに出会えた奇跡に感謝するばかりです。長崎の片田舎にいても、世界的にも最高のサポートが受けられるって、今のこの時代に生きて、インターネットが普及してくれたおかげで、今、私が存在できる事自体有難いです。」

 

「木村先生、毎日のサポートをありがとうございます。メルマガで、はっと気づき、音声で気づきと癒しを感じています。会員の皆様からの発信に、大いに勇気づけられています。ありがとうございます。」

 

「息子は、新しい学年から英語のクラスに変わりました。決して英語は得意ではないのですが、将来したいことに英語が必要だと考えて、コースの変更を決めたようです。合格するには、面談や試験、作文など色んな課題がありましたが、自分で決めたことなので、「めんどくさい!」と言いながらも、何も言わなくても自分でクリアしました。(中略)木村さん、いつもいつもありがとうございます!!!」

 

「4月に入り、登校する回数が少しずつ増えています。(中略)今日はどんな決断を出すのかな?どちらにせよ、長女が自分で決めれたら嬉しいな。そんな気持ちになりました。自分が楽になって、そして嬉しいです。」

 

「木村先生、いつもあたたかい、絶え間ないサポートをありがとうございます。(中略)まだ小さく細い体に重いリュックを背負い、毎日電車登校している息子。(中略)間違いもまだ気づいてないことも沢山あるのだろうな…(中略)木村先生、皆様にとって良い1日となりますように。」

 

「別室登校をいやがっていた子どもですが、自分から行くと言い出しました。(中略)担任の先生にも別室対応なので連絡を入れて慌ただしい朝でしたがこころよく、迎えてくれました。(中略)また明日1時間行ってくるそうです。」

 

「3日位休んだらもう行けなくなる気がする等と言いながらも休んだのは2日間、頑張って登校しています。底力を感じます。」

 

「新しい予備校に通いはじめました。(中略)新しい予備校の授業が開始されるまで、不安定な時期もありましたが、いざ始まりますと、とても楽しく勉強を進められると喜んでいます。(中略)「ひふみ~よ」第172回に、皆様のメール、木村様のコメントに、幸せな気持ちをたくさん頂いております。お孫さんや我が家の子供達より幼いお子さん達のかわいい言動に、にっこりしながら、子供達が幼かった頃を懐かしく思い出しています。自分の未熟さや失敗を再認識させて頂いたり、一緒に幸せを感じたり涙が出そうなくらい感動したり、こんな素敵な空間って他にあるでしょうか… 全く別の趣味か何かの会でも、不登校のお子さんの親御さんの会(あるのかどうかは、わかりませんが)でも、このような連帯感はないでしょう。そこに居られる事、木村様、皆様との出会いに、今日も幸せを感じながら過ごす事ができました。ありがとうございます。」

 

「次女ですが、先週から高校生活が始まりました。中3の一年間ほとんど学校に行くことができなかった次女は、朝自分で起きて支度をし、自転車で駅まで行き、電車に乗って通学しています。(早くも一緒の電車で登下校する友達もできたようです^_^)」

 

「高校の入学式は、私の風邪がうつってしまい体調不良で参加出来ませんでしたが、翌日からは休まず通っています。」

 

「今週月曜日に入学式を終え、それから今日までの一週間登校しました。昨日と今日長男は、私が起こす前には起きていて、一週間は家族6人で朝食も食べる事が出来ました。」

 

「今週からは、息子は1人で登校しています。1人で制服を着て、歩いて登校しています。(中略)息子は、先週までは、自宅でくつろいでいる時にも、ふとした瞬間に「あー、学校どうしよう…」と、辛そうな表情を浮かべていたのですが、今週になってからは、そんな様子はすっかりなくなりました。鼻歌を歌ったり、くちぶえを吹いたり、ごきげんで過ごしています。(中略)今のこの幸せは、本当に奇跡です。(中略)そしてもちろん、私をいつも力強く支え、励まし、導いてくださった木村先生に、何と感謝の言葉を伝えたら良いか分かりません。木村先生に出会えなかったら、私は一体どうなっていたのか、考えるのも恐ろしいです。(だから、考えるのは途中でやめました) でも…ここからが正念場ですよね。」

 

「始業式から毎日登校しています。集団登校は3回午後から登校は1回。後の日はお弁当を持って9時から10時の間に登校し、授業にも沢山出席し、下校後は友達と楽しそうに遊んでいます。先日私にも参観日に来てほしいと言いますのでいってまいりましたが元気に発表する様子に笑顔になりました(^-^)」

 

「木村様のお陰で娘が登校できています。」

 

「【再発防止トレーニングを強化した方がいい時期】を今一度読んで、四月から中学に進学し毎日登校している長男、そして私自身を振り返っていました。(中略)木村先生、会員の皆さんこれからもよろしくお願いします。(中略)入金確認メールに音声プレゼントをありがとうございます。無理なく、怠けず毎日のトレーニングに取り入れさせていただきます。」

 

「最近は特に娘の凄さを実感しているところです。良く勉強するな~。私が娘の教科書を見ると文字が暗号か何かのように見えて、拒否反応を示します(^^)本当に凄い!私が産んだ娘ですが、私の子ではないのではないかと思う程です。今週も娘は全力で走っています。学校、クラブ、バイト、授業の予習復習。そしてゲーム(^^)娘の1日は24時間では足りないようです。」

 

「高校生になってからは 毎日学校に通ってます。家にすぐ帰りiPadでサッカーや将棋をみてます。」

 

「長男、学校での出来事をよく話してくれます。(中略)たくさんの嬉しい変化を見せてくれる息子達です。(中略)ありがたいことに長男は無事進級。次男は高校入学。ウキウキし過ぎて喜び過ぎて バランスを崩さないようにポジティブに偏らないように日々チェックです!木村さん。毎日欠かさずメールを送ってくださり本当にありがとうございます。そして必要以上の圧を感じずに力をぬいて 楽しみながら過ごせるようにサポートをしていただいてることに本当、感謝しています^ - ^」

 

「帰宅後の息子は「ママ、中学校楽しい!10人ぐらい友達できた!」と嬉しそうに言いました。(中略)私は木村先生のサポートを受けるようになってから、電子機器をいじることや、好きなことをしている息子を肯定的に見守れるようになりました。息子を見ていると、その好きなことが友達作りにつながり、息子の生きる道を作っているところあるな…と思います。」

 

「新学年になり、娘は今日も休みなく登校し、クラスにも上がることができています。」

 

「五年生から2年間、全く勉強せず英語はほとんど習ったこともなかった長男。私は長男が中学生になり何を学んでいるのか、気になりつつも、今の私が学校の事を質問する事で長男がパワーダウンしたり、私が勉強を心配していると長男に思われるかもしれないと思い(実際あまり心配していないのですが)あえて、勉強の事や友達の事を(長男は友達関係が苦手のようで、長男はそれについて私に触れられたく無いだろうと思い)尋ねずにいました。そしたら、以前『英語はしたく無いし、嫌い』っと言っていたのに、今日は『僕の発音なかなか上手いやろ』っと(^ν^)学校で何か自信に繋がることがあったのかもしれません。毎日登校している事が自信になっているのかもしれません。」

 

「学校帰りに本屋へ寄ってきたり友達とファストフード店で過ごしてきたり 学校の外の範囲がちょっとずつ広がってきてる様子で、嬉しく思います^ - ^」

 

「次の週から休まずに登校しています。(中略)昨日、「疲れた~」と言っていた娘。その日に国旗を娘が教えてくれたり、ピアノを弾いてくれて私が適当に歌ったり踊ったり(笑)、久しぶりに私も楽しく遊びました。娘が笑っていてくれるだけで幸せなんですよね。いや、笑ってなくても生きているだけで幸せかな(^^)次の日休むかなーと思っていたら登校しました。」

 

「休まずに学校に通っています。6時間授業の日も、苦手な日直の日も…。去年だったら、乗り越えられずに休んでしまうような状況でも。」

 

「毎日のサポートありがとうございます。毎日木村さんからのメルマガが届くのを待ち遠しく思っている自分がいます(^^)(中略)息子ですが、始業式から毎日登校しています。」