読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校対応の支援と相談

学校に行かない子供に、親は、どう対応すべきか?

親御さんからいただいた喜びの声(一部) Ⅲ

 

※トップページで紹介している「親御さんからいただいた喜びの声」の数が多くなりすぎてトップページが長くなってしまいましたので、今後はこちらのページにも掲載させていただきます。

 

「息子ですが、今日から学校です。無遅刻無欠席を更新中です。(^-^)。どうやら皆勤賞を狙っているようです。風邪をひいた時も、休みませんでしたよ。進路についても、自分の思いを主人に話すことができたようです。主人も息子の気持ちを尊重しているようでした。週末の大雪で、楽しく除雪作業をしていたら、息子も部屋から出て来て手伝ってくれました。(中略)『ひふみ~よ』、『もあもあよくなる』を通して、木村先生と親御さんたちと繋がっていることにいつも感謝しています。ありがとうございます(^-^)」

 

「娘は1つ大学が合格している事もあり、おだやかな年越しを過ごしています。先程まで仕事でしたので娘の送り迎えやお昼ご飯は主人に任せっぱなしです。娘にも主人にも感謝で一杯です。」

 

「息子は、筆記試験と面接をクリアし、無事に進学先が決まりました。最初は学校の説明会へ行くことさえも大きな大きな一歩だったのが、進学先を決めてからは、行けなかった学校にも何度も足を運ぶことができたり、願書を一人で提出しに行ったり、30分の長い面接にもしっかり対応したりと、とても逞しくなりました。」

 

「昨日、息子が学校に行きました。友達が迎えにきてくれて、その友達が用意もしてくれました。本当にありがたいです。(中略)1日授業を受けてきました。先生から連絡があり、前に登校した時よりも落ち着いていたとのことでした。家に帰ってきてからも前より落ち着いていたように思います。」

 

「息子が 『学校に行くのについて来てもらってるのが、異常に思えてきた』 と自分からいい出しました。「じゃあ、明日から1人で行く?」『うん』「起こさなくていい?」『うーん。それは、起こして』そして、次の日玄関で『行くか!』と気合いを入れて1人で学校に行きました」

 

「今日、冬休み開け初日。息子、寒い中、大学に行きました。」

 

「年末に通信制高校の学校見学に長男と参加いたしました。最初は緊張していた長男も、時間がたつにつれリラックスしたようで先生の顔をまっすぐ見て話を真剣に聞いていました。長男は今回参加したこの学校へ進学することを決意しました。当初は、自宅でパソコンを利用して徐々に登校回数を増やしたいと考えていたのですが、5日間登校にすると決意しました。(中略)「4月までに部屋を掃除しなきゃ」「習字をまた始めてみたいけど、時間あるのかな?」など長男の言葉は4月からの高校生活を楽しみにしているんだと感じられることが多くなってきました。」

 

「ひとつ嬉しいご報告があります。長女の学校は中高一貫で、生徒が2,600名くらいいるマンモス校です。全校生徒のうち、現在インターナショナルの留学生が約120名います。そのインターナショナルの中で、毎年一名にプライズが与えられるそうですが、今年は、長女がいただく事になったそうです。」

 

「部活の参加を昨年11月からスタートし、終業式の前日に6限の授業を受け、部活までこなし終業式は朝から友達と登校し帰宅してきました。冬休みも友達と遊んだり、楽しく過ごしました。(中略)「学校の先生に電話する」と二階にかけ上がり学校に電話をしました。電話の後、次男は「ママ6限から登校する。14時からだから送って行って」と声のトーンが先ほどとは全く違い、力強い声でした。私は仕事の都合で無理でしたので、主人が調整して送っていきました。」

 

「卒業旅行に行きたいと言ってパンフレットを見ています。(パンフレットの見方を教えました)娘に言わすと「数少ない私の友達と行ってくるわ~」ですって。(中略)旅行したい友達がいるって良いですよね。数年前の娘からは想像できませんでした。これも成長のあかしかな?なんて思ってます(^^)」

 

「息子も娘も受験生です。二人とも、かなり緊張しています。朝は「いってきます」と元気に登校していますが、夜は疲れているようです。始まりの年に、我が子は自らで進路選択をしようとしています。」

 

不登校になりかけのお子さん、不登校のお子さん、引きこもりのお子さんと一緒に受診される方が増えていましたが、薬は、気休め程度に考えて頂いて、ご本人が飲みたいようなら、続けてもよいとお話して、木村様にご指導頂いて得た事を私なりにお伝えして、木村様をご紹介させて頂いております。1、2回くらいで、来られなくなる方が多く、ご入会されたのかも、知る術もなく、その後を心配しておりましたが、お母様が来て下さって、お子さんが明るくなったり、前進している事をご報告して頂く事が増えています。また、お知り合いに紹介されたと、来られる方がいらして、嬉しくなっています。」

 

「息子も夫の仕事が始まるくらいからまたボチボチ勉強を始めて、毎日勉強机に向かってます。」

 

「木村先生のメール通信のおかげで、私自身の心が前向きに働き始めたようで、笑顔の日が増えて来ました。息子も一生懸命に昼夜逆転を治そうと頑張っている考えや姿がよく見えるようになりました。ありがとうございますm(__)m」

 

「今日も次男は実家のお風呂掃除を私と一緒に鼻唄を唄いながら一生懸命してくれました」

 

「昨日、久しぶりの息子の笑い声を聞きました。最近、笑顔は見せていたものの声を聞くことはありませんでした。リラックスできた状態になったのだと思います。小さな幸せを喜びを感じています。」

 

「お正月の息子の様子ですが、大晦日に息子からスキーに連れて行ってと主人に言って、2人で日帰りで行ってきました。久しぶりに私は1日ゆっくりさせてもらいました(笑)帰ってきた息子の様子を見てもとても楽しそうでした」

 

「第108回の音声配信での『奇跡』のお話がとても好きです。すごく幸せな気持ちになりました(^.^)(中略)毎日小さなアップダウンはありますが、こんなに心穏やかに過ごせるのは、やはり毎日のもあもあの記事が読めて、ひふみーよの音声がいつでも聴けるおかげです。こんな素晴らしいサポートシステムを構築し、それをどんな状況でも継続し、大きな愛を持って、私たち親、そして子ども達に手を差しのべてくださる木村先生に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます(°∀°)」

 

「木村先生の言葉は大変心にしみてきます。重かった心が、木村先生の一言でスッと軽くなることもあります。以前より落ち着いて考えることができるようになった気がします。ありがとうございます。」

 

「年末に、元旦は走りに行くと言ってましたが、まさかと思っていたら、頑張ってランニング行ってました(^-^)有言実行です。そして、私の実家に主人とお兄ちゃん達と4人で挨拶に行ってもらいました。(私はお留守番です(T_T))あとで、母に聞いたら、お餅を作るのを三男が手伝ってくれたと喜んでいました。2日は、バイト初めで出勤、次の日は中学の時のお友達と約束していた秋葉原へお出かけ(最寄り駅へ6時30分と早い集合)パソコンを買って帰って来ました!私は、お金を沢山持って行く事を心配していたのですが、本人はこの日の為にバイトを頑張っていたので良しとしました。初売りの特売品をゲットしてきたらしいです。本人は満足(^-^)4日は、またバイトに行きました。」

 

「木村先生を知ったのは、やはり中2の息子が不登校となった時でした。今は時折、休みながらも学校に向かっております。」

 

「高校転学後、11月から自室にひきこもり、私たちと話をせず、食事もままならない状態の娘でしたが、年末から、あることがきっかけで、自室から出て、私達の部屋でテレビやビデオを見たり、私達と一緒に過ごす時間が増えました。以前に比べて、自分から話をしてくれるようになり、元旦は、娘とカラオケに行ったり、卓球もやりました!(家に借り物の卓球台があります)本当に驚きと感動と幸せが一気に押し寄せた感じで、何がどうなってしまったのか?というくらいの劇的な変化にただただ驚くばかりです。」

 

「第108回音声配信を届けていただきましてありがとうございました。『奇跡』のお話も、『数字』にまつわるお話も私の心にスーッと入って来ました。素敵なお話をありがとうございました。(中略)今、沖縄にいます。東北地方に住んでいる私にとっては、1月に花が咲いていて、半袖が着れるくらい暑いなんて…びっくりです。そして、家族全員で旅行できるなんて…奇跡です。感謝ばかりがあふれてきます。本当に木村さんに出会えなければ…ひふみ~よに入会しなければ…こんな未来は来なかったことでしょう。ありがとうございます。」

 

「109回の音声を聞いて、何回涙したことでしょう。木村先生の温かい声、会員の皆様の素晴らしい報告、冷え切りそうだった私の心にじわ~っとしみて来ました。もう、あまりにも感動しまくり過ぎて、どの部分に共感し励まされたのか忘れてしまったじゃ無いですか!(記憶力がないだけなんですが)(中略)今の木村先生からの音声を聞けて、年末年始、迷って息切れしそうだったのが軽くなりました!ひふみ~よって本当スゴイ!木村先生がずっと続けてくださっていることは、本当ラッキーでありがたい事です。こんなに立て直しを図ってくださるところはここしかありません」

 

「昨日、2017年最初のひふみ~よ音声配信を受け取らせていただきました。ありがとうございます…!!まず一回聴かせていただきました(o^^o)。盛り盛り沢山の素晴らしいメール報告と、それに対する木村先生のコメントを聴いて、仕事から帰り体力的に疲れていた私も、沢山パワーチャージさせていただく事ができました……!(中略)最後に紹介されたメールのお母さん、状況が好転する過程を本当にわかりやすく詳しく説明してくださっていました…!」

 

「109回の音声を届けていただきありがとうございました。2017年のスタートにぴったりの素敵な音声で、心があたたかくなったり癒されたり励まされたり(*^^*)私、年末年始で少し後退していた…?なんてちょっと思ってしまい、木村様や皆さまのご報告を聞いて気を引き締めました。」

 

「私の勝手な想像をはるかに超えて、子供達が成長している事に、驚かされています。私も慌てないように、成長させて頂きたいと思います。」

 

「きっとまだ自分の中に癒されていない部分があるんだろうな…と思っていたとき、木村様のもあもあよくなる「突然怒りを爆発させる子供!!を温和にするために」が届き、木村様はエスパー!?と思うほど、私に向けたお話しで、本当にビックリしました。」

 

「相手の言動にいちいち私も反応して振り回されていたら、悪化するのは目に見えてきますが、そういう事も判断できなくなるような精神状態だった私は木村先生に救い出してもらいました。今はこうして振り返り何が問題だったのか認識できるようになりました。」

 

「長男は生活リズムを整えようと頑張っています。今朝は7時半ごろ目覚まし代わりの音楽が長男の部屋から聞こえてきました。朝8時過ぎにはリビングに来て、軽めの朝食を食べました。(中略)会話の中で私が高校生の時ワープロ2級を取得したのですが、長男がどうしたら取得できるのかと尋ねてきました。(中略)長男は「履歴書に書けるようにしたいから取得したいんだよね。2級チャレンジしたいなぁ」と笑顔で話していました。長男と二人でたわいもない話をしたのは、本当に久しぶりでした。会話の中で、長男のいくつかのやりたいことを聞きました。勿論ほしいものも聞きました。小学校の辛い出来事も聞きました。そして高校の願書を書いたりもしました。こうした時間を持てるようになり本当に木村先生をはじめひふみ~よのお母様方のおかげです。これからも引き続きよろしくお願いいたします。」

 

「年明け、息子の保育園時代の友達のうちに息子と遊びにいけました(^^)同級生と遊ぶのは三ヶ月ぶり。」

 

「毎日のメルマガ配信ありがとうございます。毎日、休むことなく続けていくことは本当にすごいことですよね。年末年始に家に居る時間が多くなり、生活のリズムが変わって、また、次男と一緒にいる時間が多くなって、音声を聞いたり、メルマガをじっくり読んだり、メール報告をしたりすることが、いつものようにできなくなって、木村様の凄さをひしひしと感じました。(中略)最近は、次男が「一緒に走ろう」と誘ってきます。(中略)こんな私と一緒に居たいと思ってくれる次男の気持ちをもっと受け止めて、かけがえのない貴重な時間を共有できることをもっともっと喜んでいきたいと思います。」

 

「息子との会話が増えてきています。以前のように目をみて話をしてくれるようになりました。笑顔がかわいくなりました。」

 

「今日地区の保健師さんに息子の様子を相談する機会がありました。その保健師さんが、「不登校のお子さんをもつお母さんとお聞きしていたので、どんな方かと思ったらとても明るく話されていたので驚きました。」と。(中略)109回の音声にもありましたが、息子の不登校という状況が今でよかったと思えるようになったからです。これが、10年先なら息子も大人。きっと親の言葉に耳を傾けることにもかなり時間がかかることでしょう。今ならできる!!今なら変われる!!今なら息子も自分の道を自分の力で歩き出せる!!そう思えるようになりました。(中略)こういう幸せな思いができたのもひふみ~よ会員になって木村先生と出会えたからです。感謝でいっぱいです。」

 

「前回109回のひふみ~よは、自分の心を言語化していただいているようなメール報告が多く、受容共感されているようで、大変癒されました。ありがとうございます。」

 

「私はこれまでにいろいろなことがありました。私の離婚、弟が統合失調症、姉も精神的に不安定で病院に通っています。そして両親とも病気で亡くなりました。私も婦人科の病気で手術をし、仕事も辞めました。そして息子の不登校です。絶望的な気持ちになりました。そんな時に木村様に出会えて救われました。ひふみ~よの音声に癒されました。そして自分が変われば現状が変わるという希望が持てました。音声は聴きはじめたばかりですが息子の表情が少し穏やかになったと思います。そして部屋の電気を夜いつも消していたのに点けるようになりました。少しですが変化したのかなと思います。これからも木村様の音声を聴きもあもあよくなるを読み一喜一憂せず成長していきたいと思います。これは不登校の対応だけではなく人生の勉強だと思っています。よろしくお願いします。」

 

「今日も素晴らしい最新の音声配信、聴かせていただきました。(中略)木村さんや「ひふみ~よ」のみなさんと一緒だと思うと、むずかしいことも、楽しめるような気持ちになれますね。ありがたいです。本当に本当に、みなさんがいてくださって感謝です。息子、明日から大学の試験です。9月に復学してから、通うだけでもたいへんそうで、勉強する気なんて全くなさそうだった息子が、何度か勉強しています。」

 

「先日は第109回の音声配信をありがとうございましたm(__)m楽しみにしていた今年最初の音声配信。翌日に着信に気付き、年末にし残していた窓掃除をしながら聴いていました。(中略)木村先生からのコメント、素直にめちゃくちゃ、嬉しかったです。本当にありがとうございました(*^▽^*)」

 

「私はもあもあビギナーで只今時間があればバックナンバーと皆さんの体験談そして木村先生の的確なアドバイスに感心、共感、驚き、発見の毎日です。」

 

「もあもあよくなるを3日ぶりに開いて読んで、うぁーーーあーーーあーーっと思いました。木村先生ありがとうございます!!!!年末年始と長男の暴力に凹んでいて、落ち着いた今も、根本的な対応が見えたわけではなく漠然と不安だったところに、暴力を振るう子に対しての道筋をつづられた木村先生からのもあもあよくなるが!!一気に二回分を3回読みました。(中略)夫が長男とのコミュニケーションをたくさん取ってくれるようになり、私とも長男のことをよく話して意思疎通が以前より良くなって、その空気感が長男を動かしてくれているのだと感じます。そして、この温かい空気はひふみ~よから受け取っているのだと…木村先生 ひふみ~よの会員の皆さんいつもありがとうございます」

 

不登校になって、スクールカウンセラーさんから“息子さんの気持ちを大事にして、見守りましょう”と言われました。確かに見守ることも大事だとわかりましたが、私自身が何も変わっていない状態で見守っていては、状態が悪化することもひふみ~よの会員になってよくわかりました。(中略)ひふみ~よの会員のみなさんと出会ったことで、自分の思考範囲が広がりました。そして、なんといっても木村先生の温かい言葉や音声に支えられています。自分の進むべき道を明るく照らし出していただいているようです。ありがとうございます。」

 

「3学期の始業式だけは自分からサッと起きて、登校することが来ました。(中略)夜のひととき、私たち夫婦がテレビを見ながらビールを飲んでいると横に座って、おつまみに横から手を出しながら、一緒にテレビを見て談笑する機会も増えてきました。食事時に見せる笑顔も以前より増えてきたと思います。」

 

「友達とディズニーランドに行く計画を直ぐに立てて、申し込みに行きました。数年前には友達と旅行なんて考えられなかったのに。不思議なものですね。」

 

「先生の順番の通りにやって見た所、高校二年生の息子(不登校4年生)が夕食後に「か~さん早く俺の部屋に来てね!デレステやろう!あっ。。でも洗い物とか時間かかるよね。。」と何時もの会話なのですが「か~さん俺の部屋にデレステやりに来ても良いのよ。。」が「か~さん早く来てね」に変わり声と顔の表情がまるで違っていたんです!!まるで幼児の時の様に嬉しそうに笑いながら私におねだりして来たんです(中略)凄く凄く嬉しい息子の変化です!!(中略)今も思い出すだけで涙が出てきます。」

 

「昨日のもあもあよくなる「不登校問題の再発を起こさない為に」とてもとても勉強になりました。これは数年先の私の姿かもしれないと心して読ませて頂きました。不登校対応は簡単ではあるが簡単ではない。これが心にざっくりときました。」

 

「長男の迎えに行ったのですが「送り迎え、ありがとう。学校行こうと思ったら、過呼吸気味になって少し落ち着いてから行ったんだ。先生に、遅かったねと言われたけど、補講は受けて来たから大丈夫。」と話してくれました。」

 

「毎日のサポート本当にありがとうございます。(中略)部活だけ参加したり、6限だけ参加したりするようになりました。勉強も少しづつですがやろうと思い、教科書を広げています。」

 

「木村先生は、私の心が苦しいとき、いつも引き上げて下さったり、背中を押して前に進む勇気を下さったり…。何度、助けてもらっていたことかと本当に感謝しています。感謝の言葉では足りないくらいです。時々聴き返している過去の音声…。過去に聴いていた時とは全く違う音声に聴こえたり、新しい気づきがあったり、癒され励まされたり、と新鮮です。木村先生と出会っていなければ、今の私の人生はなかったのですから、本当に感謝しています。(娘、息子にも感謝ですね。(^-^))」

 

「再発がおきてしまったことについてメールをされたお母様本当にありがとうございました。その問題を正面から向き合われたことに私自身も身が引き締まる思いです。そして木村先生紹介して頂きありがとうございます。」

 

「私は子供が不登校になった頃一番やっては行けない行動を殆んどやってしまいました。病院はもとより様々な講演会や高額なDVD購入そして某名前の知れた宗教のお祓いまでして頂いた最低な親でした。そうしているうちに早くも4年目突入です。。たまたま開いた木村先生のサイトをみていなければ未だに悪循環を繰り返して自分の気持ちばかり優先して子供の心と家庭を壊していたと思います。木村先生のコーチングと同じ悩みを寄せて下さる親御さん達の本心を語っているメールを読まなければ今頃。。と思うと本当に怖いです。(中略)この世で一番幸せなお母さんになりたいです(*^▽^*)木村先生!宜しくお願い致しますm(__)m」

 

「メルマガ、音声を届けてくださりありがとうございます。大きな支えとなってくださっています。ありがとうございます。実は、お正月、とってもうれしいできごとがあったのです。それは、中3息子と一緒に初もうでに行けたこと。そして、願い事をきけたこと。「受験のこと」「生活リズムをなおすこと」「友達がたくさんできますように」その3つを願ったと聞いて、涙がでるほどにうれしかったのです。この1年以上、「夢も希望もない」と言っていた息子の口から、未来に向けての言葉がでたこと、そして、それを私に伝えてくれたことが、うれしくて。」

 

「この冬は、2人とも息子が父親とスキーに行きました(昨年までは行きませんでした)。1年前とくらべても、だいぶ家族らしくなってきたと感じます。」

 

「木村先生にお会いできたことが1番の偶然で、奇跡で、幸せな事だと考えています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。追伸: 高校3年生の息子は、OA入試にチャレンジしています。また後日ご報告させていただきます。」

 

「本日、長男の通信制高校の願書提出を無事終えました。(中略)最近長男はふとした時に、自分の気持ちを口にするようになりました。それも聞いていないと聞き漏らしてしまうほどの少しの言葉を。その言葉を聞くたびに、私はとてもうれしく感じます。『そうなんだぁ』って言ってみたり、何も言わず黙って聞いていたり。もちろん耳が痛い言葉もありますが・・・。今は長男はリビングで過ごす時間が本当に多くなりました。リビングで私は次男に数学を毎日1時間ほど教えているのですが、一緒に問題を解いたり、教えたり。私のお腹を触っては「太ったよ。ダイエットしなきゃ」なんて笑いながらふざけたり。こんな日が訪れるなんて想像もできませんでした。」

 

「長男、本日2回目のプレ登校。元気よく行きました^ - ^2回目だからか、電車にもあまりドキドキしてない様子(笑)最近の様子ですが。学校との繋がりは、本人が先生とメールや電話で連絡をしており、先生に提出物を持って行ったり、こういった高校のプレ登校の話などを話しに行ったり。用事がある時に登校しています。」

 

「息子は昨日。無事受験に行く事が出来ました。5時45分に家を出たので結構な早起きだったのですが、ちゃんと起きられました。結果はともかく、参加できて良かったです(*^^*)木村さまと会員の皆さまには色々と与えて下さって感謝です。有難うございます<m(__)m>ゴールでも始まりでもない1つの通過点なので、まだまだ今後とも素敵なサポートをよろしくお願いいたします。」

 

「今日は日曜日ですが情報処理の検定受験のため、朝から学校へ行っています。いつもは私が起こしていますが、今日は目覚まし時計をかけたようで6時に起きてきました、、、すごい!(中略)バイトもしたいと、少し前に近所のコンビニへ面接にも行きました。まだどうなるかわかりませんが、使えるお金が出来ればやれることも増えるし、そういう気持ちが出てきていることがすごい成長だなと思います。1年前の、「将来が見えない」と卒業式さえ出なかった長男からは想像もつかない事です。資格取得も順調で秋には日商簿記の試験にも合格しました。」

 

「娘ですが、本人の希望により、長野の通信制高校の通学コースを受験し、合格しました!」

 

「我家の中学3年の息子ですが、高校に合格いたしました。本人の希望である全日制普通科です。そして、半年ぶりに合格の報告の為、登校しました。」

 

「今日は久しぶりに長女のご報告を致します。昨年の11月から休みなしで登校しています。(中略)今の長女はとても心が回復してきました。心は見えないけれど、ちゃんと見ていると何らかのサインが出ていますね。発言内容も変わってきました。宿題などの取り掛かりも変わってきました。睡眠も、食事も変わってきました。」

 

不登校だった息子は、11月より休まず登校し、今は合格発表を待ちながら、卒業単位を取得するためのレポート課題に自主的に取り組んでいます。数ヶ月前の息子とは、全く別人のように勉強するようになりました。一方、中学校3年生の娘は、受験でピリピリしています。息子の一言が気になるようで、すぐに文句を言い、ケンカ寸前です。そんな時、木村先生のアドバイスを思い出しました。安定していると思える時こそ、気を抜いてはいけないということです。あくまでもニュートラルに、冷静に、そして気を抜かずバランスよく二人を支援していきたいと思います。木村先生のアドバイスは、どうしてこんなに適切なのだろう?と思います。それが木村先生の存在なんだなと思うようになりました。うまく伝わっていないかもしれませんが、木村先生に本当に感謝しています。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。」

 

「昨日、進学顧問を務める息子の担任教諭が朝から先日受験した高校へ合格通知を受け取りに行き、その足で通知を届けに家に寄って下さいました。自分で受け取って自分で開封するように先生から言われていたので、息子が出迎えてそこで開封。お陰様で、無事合格でした(^^)」

 

「本日、高校の合格発表がありました。木村先生、娘は志望校に合格しました!\(^o^)/昨年末、志望校を決める個別懇談の直前に娘が「もう一つ上のコースを受けたい」と言い出しました。そこは偏差値が少し高く、土曜日も授業があるような親の私から見ると、大丈夫かなと思うようなコースでした。でも娘の行く道は娘に任せることにしました。娘の気持ちを尊重し、娘の力を信じました。今、合格通知を持って嬉しそうにしている娘を見て、私も本当に嬉しいです。木村先生をはじめ、たくさんの人々、たくさんの出来事が娘と私をここまで連れてきて下さいました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。けれど、浮かるばかりではいけません。娘の不登校がこれで終わったわけではありません。喜びの後は、おそらくこれから先の不安が出てくると思います。これからが不登校対応の本番だと思って、気を引き締めていきたいと思います。」

 

「今日で学年末テストを終えて、もう高校に登校するのも残り数日になりました。今は教習所とアルバイト、大学の練習とこれまで以上に自由な中で、忙しく過ごしている次男です。(中略)木村さんとの出会いがなかったら、今の次男も今の長男も、そして今の私もいませんでした。(中略)次男の一人暮らしの様子をメール報告するのを楽しみに、2月からもよろしくお願いします。」

 

「今日、次女は、朝5時に起き、無事に入試を終えてきました。先月下見に行き電車の時間配分も自分で考えた計画通りに進めてきました。」

 

「雪の日も学校に向かっております。現代の子どもを取り巻く環境が、私自身がつかめずにおりました。木村先生のアドバイスが、心ほぐして下さいました。ありがとうございます」

 

「本日長男の通信制高校の入試が無事終わりました。朝9時30分スタート、15時30分終わりという結構長い時間でした。」

 

「夕方、私のスマホに学校からの着信があり、出てみると次男の担任からでした。「今日、3時過ぎに登校してきたんですよ」と先生。『えっ、誰が?』と私。(笑)(中略)たまたま次男が昇降口に入った時に、担任が通り掛かったので一緒に教室まで行って終わりの会までいたそうです。(中略)家事をして2時間が過ぎた頃、次男が「ねぇ、おとんに聞いた?俺さ、今日、学校に行ったんだよ」と話してきたのです。(笑) 『うん、聞いたよ。お父さんから。先生からは電話あったしね』と言うと嬉しそうに「そう?俺さ、学校行ったのよ、なのにさ、○○も○○も(○○は仲良しの友達です)インフルエンザで休んでてさ、他の友達と話して一緒に帰って来たの」と教えてくれました。後で家にいた長男に「学校行ったらって言ったの?」と聞くと「いや、あいつが自分で学校に顔出してくるわって言って行ったのよ」との事でした。自分で考えて自分で決めたのなら、それが次男の意志なら、今回の行動は次男にとっての一歩になったのだと思います。」

 

「娘がジムに行きたいと行った時、それはそれは驚いたものです。私も仕事がありますし、娘も最近学校に行ってるので毎日は無理ですが、出来る範囲でゆる~くやって行こうと思います。」

 

「高校3年生の息子は、志望校の短期大学に合格しました。(中略)木村先生に支えていただき、親として、少し成長できたような気がします。息子は、不登校から立ち上がり、自分で将来の夢を見つけて進学します。しかも、自分の不登校の経験を生かした仕事につきたいと言います。木村先生、今迄ありがとうございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。」

 

「息子は春から専門学校に進路を決め、最近コンビニでバイトを始めています。先日台所スーパーに行った時には、棚のパンが散らかっていたのが気になると、綺麗に並べていました(笑)そして「2月にちょっと一人旅してくるから」と言われビックリしてしまいました。「京都と滋賀、どこでもいいんだけどさ、前にちょっと行ったこともあるしね。往復のバスだけ取った。他はまだ決めてない」と淡々と話す息子は、一回りもふたまわりも成長したようにみえました。」

 

「自宅で数学を勉強し始めました。次男は5教科の中で数学が一番得意科目でした。かなり遅れてしまいやっても分からないとやる気さえも出てきませんでしたが、声をかけると嫌がることもなく問題を解いています。」

 

「高1長男は、週に2~3日行ける日に学校に頑張って行っています。小6娘は、1週間休まず行ける日もあれば、1~2日休む日もあります。でも、頑張っています。」

 

「どういうわけか今年に入ってから、息子の朝起きる時間が一定になりました。私が声をかける前には既に起きていて返事があり、朝ごはんも食べています。(中略)遅くなりましたが、112回の音声配信や入金確認のメールありがとうございました。いつもと違い質問がたくさんの音声、面白かったです(^^)」

 

「少し時間に余裕ができたので、もあもあよくなる2月号のレポートを読み返してみました。『不登校の原因は2つに分けて考えることが大切!~親御さんに考えていただきたいこと~』この部分を読んでいると、自分でも意識していないのに涙があふれてきました。(中略)息子は、不登校という爆発的な自己主張で、私に教えてくれたのだと思いました。時すでに遅し…かもしれませんが、気づかせてくれたことに感謝しています。(中略)最近の息子をみていると、自然な優しさが感じられるな、とうれしく思います。私の頑張る姿もよく見ていて、支えてくれているようにも感じます。時に、手抜きをすることもあるのですが、「あ、OK!OK!」とさらりと受け入れてくれます。息子の方が大人です。こうした息子の変化をみていると、私も変わってきているのかなと思いますが…。四角四面の私の角を削ってみることを試みてみます。木村先生、これからもサポートをよろしくお願いします。」

 

「メール報告に対しての木村さまのメッセージが心に響き、自分にとっても、本当に勉強になっております。また会員の皆様からは、不登校の子供を良くしたいという強い気持ちが伝わってきて、私も頑張ろうと思いますし元気をいただいています。木村さま、会員の皆様には心から感謝いたしますし、私の心の支えになっていただいています(^^)ありがとうございます。最近息子に言われて嬉しかった言葉があります。高校も決まり卒業まであと1カ月になったので学校の方から校長先生と担任の先生と面談をしたいので来るようにと言われ、先日行ってきました。(私も付き添いで行きました。)その帰り道で突然、「俺この家の子供で良かった。父さんと母さんが理解してくれたから、ここまで来れた。」と言ってくれたのです。びっくりしました。あとから、嬉しい気持ちが湧いてきて、諦めないで頑張ってきて良かったとしみじみ思いました。昨年6月に入会したのですが、その時は本当に親子関係は最悪状態で、たびたび言い合いになり息子もよく暴れたので、息子部屋の扉は穴だらけです。貫通していて見えてしまうので、カレンダーを掛けています(笑い)今は波もありますが、以前に比べ本当に穏やかになり、暴れる事は一切ないです。私が他の子供の事でイライラしてしまった時には、素早く察知して、母さん顔怖いよと教えてくれたりします(^^)」

 

「過去のもあもあよくなるをコピーしてファイルに整理してみました。大きな字で読めるのと、いろんな時期の内容を無造作にパラパラとめくって読める気軽さで、スマホで読むのとはまた違う感覚で、これもまたいいですね。木村さん、コピーをしていて改めて思ったのですが…木村さんはこんなにも沢山のものを私たちに与えてくださって、それに毎日欠かさず送り続けてくださってるのですね!!!今更ながら、本当にありがとうございます。改めて、改めて、木村さんの愛を感じた時間でもありました」

 

「冬休みからの課題もちょっとずつ進め、先生からもなんとか卒業は認めていただけそうな段階だと告げられました。先日の課題提出日には、突然、学校で受験勉強をしている友だちと会うことになったからと言い、学校の玄関まで、一緒に行きました。ファミレスで、晩御飯を食べ、ちょっと疲れたといいながら、でも表情は明るく帰宅しました。(中略)毎日のもあもあが届くたび、自分のいたらなさにハッとさせられますが、少しずつは進歩しているはずの自分を、認めてあげながら生活したいと思います。木村様、メール報告してくださる皆様、いつも、本当にありがとうございます。」

 

「娘はここ数カ月どんどん落ち着いてきている気がします。受験の前になると気持ちが不安定になって、繊細な娘に耐えられるだろうか?と想像していたのですが、反対に色々な事を自分で決めて自分で動いて先日は「受験楽しみ~!(^-^)」という言葉まで出ました。その言葉を聞いて、私はとてもうれしくなりました。落ちたらどうしよう、という不安よりも、落ちてもこうしよう、あれもしよう、ということを考えています。本当に強くなりました。もちろん、落ちたら傷つくだろうし後悔もあると思いますが、きっと大丈夫だと感じます。私は今の娘を誇りに思います。」

 

「いろいろな方のものを参考にしてきましたが、よく分からなくなりました。そして一番私に分かりやすく、浸透していたものが、木村さんの言葉だったんだと、半年たって気づきました。」

 

「今日、学校に行きました。人の視線が気になる…足音が気になる…何か言われている気がする…このような状態でずっと電車通学が出来ず、私か主人が学校に行ける日は車で送る日々を続けていました(現在も)帰りは頼まれたら迎えに行っています。今日、新たな変化がありました。電車(特にJR)が無理で、ずっと乗っていませんでした。帰りも自分で帰れる時はバスか電車でも京急を利用していたようです。とにかく、いつも人で溢れているJRが無理だと言っていました。それが今日、学校終わりに電話があり「今、終わったよ!今日は、JRで帰ってみようと思ってるから」と長男。すごい変化です。ビックリしました。」

 

「最近、さらに音声も、もあもあも、私の心にズシンと響く内容です。音声のおとうさまの報告を聞きながら、私もいろいろなことを、明確にしようと思いました。機会を与えて下さったこと、感謝でいっぱいです。」

 

「小6娘。学校に行く時に私が居なくて不安で行けなかった昨日。今日も、長男を車で送るために娘を一人で家を出さなければいけませんでした。「ギュッてしてくれればいいから」と朝から言うので『お母さん、お兄ちゃん送って行って来るね!ファイトだよ!』と娘をギュッとしながら言いました。『お母さんの元気をわけてあげるね』とギュッとすると「伝わったよ!うん、大丈夫!」と娘。長男を送って家に戻ると娘は学校に行っていました。「お母さんが毎朝送ってくれる事が私の勇気だよ!」娘が言った言葉。どんな時も笑顔で「いってらっしゃい」と送り出していた事がいつの間にか娘の勇気になっていたんですね。ずっとしてあげていなかった事。忙しくて顔も見ずに「いってらっしゃい」と声をかけていた日々。大事な事を娘に気づかせてもらいました。木村先生、主人にも同じようにしています。何も言わない主人ですが、きっとうれしいと思っていてくれるはず(笑)」

 

次男は筋トレ続けています。ほんの少し(形だけ?)の日もありますが、続けています。そして今日「お母さん、見て見て!お腹が少し割れて来た!」とシャツをまくって見せて来ました。『うんうん、しまってきたじゃん!』と私が言うと、笑顔の次男。子供達、それぞれが頑張ってます。うれしいです。」

 

「いつも暖かくて的確なサポートを本当にありがとうございますm(_ _)m。木村様から頂くメールや音声配信のお話、親御さんからのメール報告に今まで受けた事の無いサポートに、とまどいながらも、いつも感激しています。」

 

「息子の昼夜逆転もおさまりつつあります。話しかけても返事がないことが多かったのが、タイミングをみて、話しかけると返事が返ってくることが増えました。家庭内がなごやかになってきたように感じます。」

 

「私たち夫婦は、ますます仲良くなって来ました。遠からず近すぎず、日向ぼっこの暖かさの距離感でお互いを大切にしていることを伝える時間が増えたように思います。そして夫婦で笑いあっていると、長男も食卓に来て一緒に笑い、他の子達もほんわかと楽しそうで、何もかも暖かい綿毛に包まれているように心地よい空気が流れる時が時々あります。(中略)ひふみ~よを始めて4カ月木村先生や会員の、皆様の言葉が私に染み込んで行く様子が変化している気がします。これはなんでしょう…んーーわかりません。でも、メール報告とメルマガと音声に毎日触れることを続けていけば私の無意識の中でなにかが動いて行ってくれるんだという確信に似た感覚を持っています。毎日七転八起…転がりながらしか進めない私ですが、ひふみ~よで行き先を照らして下るので、安心して転がっていれます」

 

「本当にこうした素晴らしいサポートを受けてもある意味頑固な私です。でも、サポートを受けてこうなりたいという私の目標はうまれました。それは今日明日できることでもありません。でも焦る自分を認めいったん手放そうと決意することができました。だからまた最初から少しづつ始めればいいと思います。言いたくなるのは私が作り出す不安。見えないものにまた私は飲み込まれていました。ひふみ~よは偉大です。そこに気づかせてくれましたから。」

 

「最新の音声配信、驚きました!一緒にふたつ。聴く前からワクワクでしたよ~。さらなる木村さんのパワーを感じ、またまた勇気づけられました。いつもいつも、本当にありがとうございます。海に向かって、「木村さーん、ひふみ~よのみなさーん、ありがとうございまーーす。」と叫んでみたいです!(中略)昨日と今日。息子は立ち上がり進んでいます。すばらしいパワーです。いよいよ新しい研究室配属が決まり、再出発をはじめていきます。昨日も今日も、朝ごはんを落ちついて食べてから、朝日を浴びながら大学にいきました。」

 

「部活だけ参加したり、5時間目、6時間目の授業を参加したりが続いています。」

 

「メルマガを読むたびに、木村先生からの直球を真剣に受け取りたい、と思います。そのくらい、心に響く内容ばかりです。本当にいつもありがとうございます。」

 

「息子の気持ちにも変化が見られ、閉ざされた心も徐々に開いてきました。先日、友だちに会ってから一週間がたちますが、友だち効果が持続し、とても穏やかで笑いが増えてきています。(中略)部屋にこもる時間が減り、一緒に過ごす時間が増えました。私の顔を見る時に、いつもななめから見ていたのに、正面を向いて話してくれるようになりました。そして、久しぶりに今日は外出ができました!!」

 

「先週、月曜日も夕方、一人で登校しました。(中略)先生は次なるステップを期待してる感じでしたが私はマインドの安定に集中です」

 

「今日のもあもあよくなるで、『もしも、木村さんが小学生からやり直すとしたら、やっぱり不登校を選びますか?』の質問に、木村さんはきっぱり「絶対に選びます!」と答えられていてビックリしました!!これを読んだ瞬間、心が解放された感じがして、涙が溢れてきました。それと同時にまだまだ頭も心もカチコチだったんだなと実感しました。木村さんて、本当に凄いですね!!私の想像を遥かに超えていました笑」

 

「昨年10月から適応教室(町の教育委員会で設置している不登校児向けの教室)に楽しそうに通学しています。」

 

「夏休み明け後に2週間ほど不登校になりましたが、その後、遅刻しながらも登校できるようになり保健室を居場所として授業に出るようになりました。この3学期は無欠席です」

 

「今日のもあもあよくなるの「未来へつながる自信!」を読んで、よくわからないけれど涙があふれてきました。何度も読みました。あきらめたらダメだよね!あきらめずに頑張ろう!そんな勇気を頂きました。」

 

「115回の音声配信を届けていただきありがとうございます。今回も素敵な音声で、共感したり、考えたり、気づかせていただいたり、木村様も会員の皆さまも本当にありがとうございます。冒頭のお話、私に向けてお話してくださってる!?と思う内容で、改めて自分と向き合って落ち着いて考えることが出来ました。」

 

「自立心がすごいスピードで動き始めました。引っ越しの準備をしていますが、一人で何でもやるから、構わないでと、何度も言われました。「これからは、自分でやらなければならないんだ。東京は、遊ぶ場所だったけど、勉強する場所になったんだ。自分でしっかりやらなければならないんだ。(真剣な表情で、自分自身に言い聞かせるように言いました。)遊ぶけどね^ ^」と、笑顔で言いました。(中略)そして、昨日、電化製品の設置などの立会いに、一人でさっさと、上京しました。3、4日でまた戻りますが、いつも遊びに出かける時は、見送る私を振り返りもせずにエスカレーターを上って行きましたのに、今回は、振り返り、手を振りました(涙)あー、巣立ちの時が来たんだ…。成長したんだ。嬉しいご報告ですが、寂しさで、涙をこらえながら、一日を過ごしました。ここまで成長させて頂いた事に感謝の気持ちをお伝えしたいのですが、言葉になりません。本当にありがとうございます。これからが、益々気を引き締めて、学ばせて頂かなければいけないと思います。直接表情を見て、話せる機会が、あまりなくなります。でも伝わるのですよね^ ^親子の不思議な関係、私が成長できれば、子供達も連動して成長する方向へと向かう… まだまだできる事がたくさんあります。これからも変わらないご指導をお願い致しますm(__)m」

 

「木村さん、115回の音声を届けてくださり、ありがとうございます(*^^*)(中略)木村さんやひふみーよの皆さんのお話でカチコチだった思考がほぐされて、気持ちが軽くなりました(*^^*)ありがとうございます(中略)実際に子供達が、10年後、20年後、30年後に「幸せだなぁ」って思える【今】になっているように、この瞬間の《今》を大切にしていきたいなぁと思いました。そう感じさせていただいた今回の音声に感謝いたします」

 

「いつももあもあ通信をありがとうございます(^^)先生の貴重な体験心理を読ませて頂きました。子供の奥底の気持ちが解った様な気がします。とても苦しんで居ることは観ていて解るのですが、何をどう心の中で苦しんでいるのかがよくわかりませんでした。先生もここまで言葉に出来るようになるにはきっとかなりの苦しみや心の葛藤があった事と御察し致します。こんなに解りやすく文章にまとめて下さった事に心から感謝致しますm(__)mこの事をふまえて、私達両親がどんな事が出来るかじっくり考えてみようと思います」

 

「木村先生、これまでどうしたらいいのかまるでわからなかった自分の中の不安、苛立ちに、以前よりも上手く付き合えるような気がします(^^)まだ、1日の中でこう思えるのは、ほんのわずかですが、こう思えるようになったのは、生まれてはじめてだと思います。木村先生との出会いに、改めて感謝です(^^)本当にありがとうございます。」

 

「木村様からの「もあもあよくなる」、「ひふみ~よ」は、毎回本当に斬新で、新鮮な驚きと感動があります」

 

「自立の準備が、少しずつ進んでいます。「学校が、めんどくさい、単位試験の勉強をやりたくない」と、言いながらも、「卒業して、新しい生活を始めるんだ。ゼロからやり直すんだ。」と、自分を奮い立たせ、卒業式を待つばかりとなりました。教習所も、地元の同級生が来ていて、嫌な気分になると言いながら、身分証明書として、免許証が欲しいと、頑張っています。「昔あった事を気にし過ぎるのが、少しずつ直って来たよ。まだ、嫌な気分にはなるけど、どーでもいい事じゃんって、すぐに思えるようになって来たよ。『昔の俺、お疲れ!』って、感じになって来たよ。」と、言いました。」

 

「卒業作品の為に絵の具セットを持って午後から学校へ行きました。帰りは友達と下校しました。友達と腕相撲をした話を教えてくれました。」

 

「ここ最近は週4で学校に行ってます。もう授業はないので行かなくても良いのですが、友達に会いたいし、話したいし、その為に行ってます。」

 

「第116回の音声配信は、特に私のための音声のように感じました。ありがとうございます。まだ理解が浅いので、再度聴こうと思っています。」

 

「私は、木村様に出会えて人生が変わりました。物の見方が変わってきました。同時に気持ちも全然変わってきました。なんだか毎日が心地いい感じです。本当に本当に本当にありがとうございます」

 

「今月の音声配信は2つ同時配信だったり、短時間で沢山の質問がされていたり工夫がされていて、私達会員のための配慮や思いやりをすごく感じました!有難うございます」

 

次男は今月に入り、自分から通信教育の勉強を始めました。毎日30~40分欠かさず勉強しているようです。昨年の夏休みから全くしなくなっていたので本当に嬉しく思いますが、欲が出て動かそうとしないようにしようと思います。」

 

「第116回の音声、聴かせていただきました。もあもあよくなると相乗効果もあり、すーっと、心に入ってきました。すごく大切にしたい音声でした。木村先生ご自身の体験をふまえて語ってくださり、本当に本当にありがとうございました。」

 

「本日の試験をもって娘の受験は終わりました。昨日から前泊して試験会場の最寄り駅まで一緒に行きました。昨晩は2人共寝られず今は疲れて家に戻ったところです。色々とありましたが、大学受験は娘も私も大きく成長出来たと思っています。娘なりに良く頑張ったと思います。娘は自分で自分を褒めていましたし、私に『有難う』と言ってくれました。とても嬉しかったです。結果はどうあれ良い経験をさせてもらえて娘に感謝したいです。娘は明日休んで明後日からディズニーランドに旅行に行きます。私は明日の朝から仕事なのでもう寝かせてもらいます。まだまだ書き足りないのですが、後日に報告させて頂きます。明日からまた娘と一緒に成長できる様に、木村様の元でしっかりと学んでいいきます。」

 

「高校3年生の息子は、無事に卒業になります。今週の土曜日が卒業式です。数日間の卒業式練習を残し、今はのんびり過ごしています。既に合格した短期大学のオープンキャンパスにも通っています。一方、中学校3年生の娘は、志望校に向けてまだ受験勉強を続けています。そんな妹を気遣い、息子は静かに過ごしたり、外出しています。息子は、「転校して本当に良かった。不登校になって、夢が見つけられて良かった。」と言っています。木村先生の2月半ばのメールの内容の通りです。「不登校は無駄ではなかった」と実感しているようです。いよいよ明後日が娘の高校受験です。合格できるように家族で見守っています。(中略)またメールさせていただきます。そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。」

 

「高1長男ですが、何ヵ月も行けていなかった月曜日の学校に行きました!(中略)早退してくることなく、体育の授業も参加してきたんです!」